見どころ早分かり! アルゼンチンのエリアガイド

アルゼンチンへ行こう!といっても、どこへ行けばいいかわからない……そんな人も多いのではないでしょうか。

ブエノスアイレスは押さえておくとしても、せっかくだから違う地方にも行ってみたい。でも、情報も少ないし、位置関係もよくわからない。それも当然、アルゼンチンは南米諸国ではブラジルに次ぐ第2位、世界では第8位の面積を持つ大国なのですから。どれくらい大きいかというと、日本の総面積の7倍以上! ボリビアとの国境の北端から南米大陸の南端まで、3500km以上もあります。当然、地方によって気候や風景、そして文化や人も変わってきます。ですから、目的や季節などを考えながら旅のスケジュールを組みたてましょう。

そんな大国アルゼンチンの大まかな目安として、ここでは5つの地域に区分けしてみました。行政的には23の州と1つの特別区に分けられているので、各地区にそれらの名称も併記。 さあ、あなたにとって魅力的なアルゼンチンは見つかるでしょうか。

中部(ブエノスアイレス特別市、ブエノスアイレス州、コルドバ州)

落ち着いた世界遺産の町コルドバをのんびり散歩してみたい

落ち着いた世界遺産の町コルドバをのんびり散歩してみたい

首都ブエノスアイレスを中心としたアルゼンチンのど真ん中の地域です。アルゼンチン旅行をする場合、ほとんどの人が訪れるであろうブエノスアイレス。ですから、ちょっと足を伸ばして近郊の町を訪れてみてはいかがでしょうか。首都の喧噪とはひと味違ったアルゼンチンが楽しめるはずです。

■ティグレ
ブエノスアイレスからもっとも気軽に行ける近郊の町といえば、ティグレでしょう。列車やバスに乗って1時間ほどで、パラナ川に面したこの小さな町に到着します。パルケ・デ・ラ・コスタという遊園地で遊んだり、のんびりとリバークルーズに参加するなど、リラックスするにはぴったり。

■ルハン
ルハンの大聖堂は、宗教を超えた美しさを感じられるundefined写真提供:アルゼンチン共和国大使館

ルハンの大聖堂へ行くと、宗教を超えて崇高な気分にさせられる 写真提供:www.argentina.travel

ルハンもそんな穏やかな町のひとつ。ここはアルゼンチンのカトリックにとって、もっとも重要な場所という面も。町のシンボルでもある大聖堂と、そこに祀られた聖母サンタ・マリア・デ・ルハンをお参りするために多くの信者が全国から集まります。毎年10月の第一日曜には、ブエノスアイレスから18時間かけて歩くという行事も行われます。ルハンへは、ブエノスアイレスからバスや列車で1時間半ほど。

■マル・デル・プラタ
大西洋に面したアルゼンチンでは、ビーチリゾートだって楽しめます。大西洋沿岸のマル・デル・プラタは、夏のバカンスシーズンになると優雅なひとときを求めて集う地元客で賑わう町。この近辺には、バイーア・ブランカ、ピナマールなどたくさんのリゾートスポットがあり、ホテルなどの設備も充実。ブエノスアイレスから飛行機で1時間、バスだと6時間程度の距離です。

■コルドバ
アルゼンチン第二の都市がコルドバ。第二といってもブエノスアイレスの10分の1程度の人口なので、それほど大都会という印象はありません。むしろ、世界遺産に登録された町並みは、アルゼンチン最古の大学コルドバ大学をはじめ、落ち着いたスペイン植民地時代の雰囲気を楽しむことが出来ます。

コルドバの西側には、コルドバ山脈が連なっており、森と湖に囲まれた美しい町があることでも知られています。代表的な町は、パラグライダーやスカイダイビングのメッカでもあるラ・クンブレ、チェ・ゲバラが少年時代を過ごしたアルタ・グラシアなど。アルゼンチンのフォルクローレ(民謡)最大の祭典コスキン・フェスティバルが開かれるコスキンもこのエリアです。