世界遺産に登録されている、ロス・グラシアレス国立公園

ペリト・モレノ氷河

ペリト・モレノ氷河の美しさと壮大さは感動的 写真提供:アルゼンチン観光局

青く輝く巨大な氷山が、雷のような音を立てて崩れ落ちる。そんな映像をなにかでご覧になったことはないでしょうか。これは、アルゼンチンのパタゴニア地方にある、ペリト・モレノ氷河の崩落のシーン。

こういった多くの氷河を擁するエリアが、ロス・グラシアレス国立公園として、世界遺産に登録されています。何万年もの長い時を経て生み出された氷河は、パタゴニア旅行最大のクライマックス。想像を絶するスケールの大自然に浸ってみてはいかがでしょうか。

ペリト・モレノ氷河をトレッキング!ロス・グラシアレス国立公園の魅力とは

ペリト・モレノ氷河

青く輝く氷河は何度見ても不思議  写真提供:アルゼンチン観光局

ロス・グラシアレスは、アルゼンチン南部のサンタクルス州に位置する国立公園。南極、グリーンランドに次ぐ、世界第三位の氷河群が、東京都と神奈川県を足したくらいの広大な大地を覆っています。

もっとも有名なのが、先述のペリト・モレノ氷河。パタゴニアの氷河の代名詞であり、アルゼンチンを代表する観光スポットのひとつ。全長約35kmに渡ってブルーに輝く巨大な氷の壁が立ち、1日で2mほど海側に押し出されるため、あの有名な崩落が起こります。

また、公園内最大の氷河であるウプサラ氷河も人気のスポット。クルーズ船から間近で見る巨大な氷河に圧倒されること間違いなし。他にも、スペガッツィーニ氷河やセコ氷河など、全部で47もの氷河があり、クルーズ観光だけでなくトレッキングなど様々なアクセス方法で氷河を満喫できます。

氷河見学以外にも、、登山やトレッキングはもちろん、キャンプ、カヌー、乗馬といったアウトドアのアクティヴィティも豊富。パタゴニアの自然を満喫するにはぴったりの場所なのです。

ロス・グラシアレス国立公園のベストシーズンと服装

ペリト・モレノ氷河

季節や時間帯によってもその表情を変える氷河は、いつまで見ていても飽きない 写真提供:アルゼンチン観光局

やはり、氷河の崩落が起きやすい12~3月にかけての現地の夏のシーズンがおすすめ。ただし、この時期は観光シーズン真っ只中のため、交通もホテルもかなり混み合いますので、早めの予約をおすすめします

ロス・グラシアレスに限らずパタゴニアの気候は非常に厳しいので、しっかりした防寒対策が必要です。とくに風を通さず防水性のあるウィンドブレーカーは重宝するでしょう。靴は氷河の上を歩いても大丈夫な、滑りにくいトレッキングシューズがベスト。日差しがとても強いので、日焼けどめやサングラスも忘れずに。