大自然が魅せる! パタゴニアへ

見上げるような氷河など、雄大な風景はパタゴニアならではundefined写真提供:アルゼンチン観光局

見上げるような氷河など、雄大な風景はパタゴニアならでは 写真提供:アルゼンチン観光局

パタゴニアは、イグアスの滝と並んでアルゼンチンを代表する自然を感じられる場所。ブルーに輝く氷河、雪に覆われた美しい山々、そして珍しい動物の生態系や遥か過去に住んでいた先住民の痕跡までを満喫することが出来ます。

パタゴニアの基本情報

パタゴニアは、南米大陸の南緯40度より南の地域を指す名称です。アルゼンチン及びチリの南部に位置し、日本の3倍以上もの面積を誇ります。ロス・グラシアレス公園、バルデス半島、クエバ・デ・ロス・マノスといった3つの世界遺産を擁するほか、ウィンターリゾートの代名詞バリローチェや、世界最南端の町ウシュアイアまで見どころも満載。隣国チリと行き来するという旅もできます。

イギリスの有名な作家ブルース・チャトウィンが旅行記を記し、アウトドアブランドが社名に使うなど、数多くの人々を魅了するパタゴニア。雄大な自然を楽しみたいなら、ぜひ足を運んでみましょう。

パタゴニアの見どころ

珍しい野生動物を身近に感じられるのも、パタゴニアの大自然にいるからこそundefined写真提供:アルゼンチン観光局

珍しい野生動物を身近に感じられるのも、パタゴニアの大自然にいるからこそ 写真提供:アルゼンチン観光局

パタゴニアは想像を絶する広大なエリアなので、当然数多くの見どころが存在します。ブエノスアイレスに近い北部から南極の手前でもある南部へと、順を追って大きな見どころを紹介します。

パタゴニアの見どころ1 バリローチェ

バリローチェでは、森と湖の美しい風景とウィンタースポーツを楽しみたいundefined写真提供:アルゼンチン観光局

バリローチェでは、森と湖の美しい風景とウィンタースポーツを楽しみたい 写真提供:アルゼンチン観光局

パタゴニア北部に位置する、ウィンターリゾートで有名なバリローチェ。かつてはスイス人が数多く移住したこともあって、“南米のスイス”といわれるほどアルプスにも似た風景が見られます。このあたり一帯は、山と湖に囲まれた風光明媚なエリアなので、のんびりとトレッキングを楽しむのがいいでしょう。また、ウィンタースポーツも盛んで、冬になるとスキー客でごった返します。

バリローチェへのアクセスは、ブエノスアイレスから飛行機で2時間弱、長距離バスで20~23時間程度。隣国チリからは、湖を通ってボートで入国することも可能です。