マテ茶の飲み方

茶器にお湯を注ぎ、ボンビージャというストローで飲むのが伝統的

茶器にお湯を注ぎ、ボンビージャというストローで飲むのが伝統的

マテ茶はアルゼンチンを中心に、パラグアイ、ウルグアイ、ボリビア、ブラジルなど、南米全域で飲まれるお茶。イエルバマテという乾燥させた茶葉に、お湯をかけて飲むのが一般的です。

マテ茶の茶葉には、大きく分けるとグリーンとローストの2種類があります。グリーンは、乾燥させた一般的な茶葉のこと。ローストは、その茶葉を焙煎しさらに香ばしい香りを持ったものになります。それ以外にも、最近ではフレーバー・マテがたくさん作られています。レモンやオレンジなどの香りがするマテ茶は、苦みが緩和され苦手な人でも飲みやすいでしょう。また、通常は茶葉そのものが袋に入って売られていますが、紅茶のようにティーバッグのものも増えてきました。

マテ茶の飲み方は、国や地方によって変わってきます。一般的には、お湯をかけて飲むのが主流。マテ専用の茶器を使って飲む姿は、アルゼンチンやパラグアイなどでよく見られます。また、同じお湯出しのマテ茶でも、茶器を使わずポットで飲むこともよくあります。

マテ茶は苦みがあるので、砂糖や蜂蜜を入れて甘くしたものを飲むこともよくあります。また、リキュールを混ぜると大人の雰囲気でマテ茶を楽しめます。

暑い地方では水出しのマテ茶もよく飲まれます。これはテレレと呼ばれ、レモンやハーブを混ぜるとさらに爽やか。逆に、鍋で焦がしてミルクで炊き出すという変わった飲み方もあります。

いずれにせよ、飲むサラダと言われるマテ茶にはビタミンやミネラルがたっぷり。健康的に美味しくいただきましょう。