アルゼンチンでの交通費、飛行機・バス・タクシー・地下鉄の運賃

ブエノスアイレスでは、地下鉄はもっとも気軽に利用できる交通手段

ブエノスアイレスでは、地下鉄はもっとも気軽に利用できる交通手段

アルゼンチンは国土が広いため、しっかりと観光するなら交通費も考えておきましょう。

アルゼンチンの国内交通費、予算

交通網が発達しているアルゼンチンは、飛行機も日本に比べると比較的お得。ブエノスアイレスからプエルト・イグアスまで1万5千円から2万円。もう少し遠いパタゴニアあたりへの距離でも、2万円から3万5千円程度で全国をカバーできます。

また、時間に余裕があれば、長距離バスでの移動もおすすめ。車窓を見ながら旅する楽しみは格別ですし、距離が長ければしっかりした食事が付くデラックスバスなんていうのもあります。おまけに、値段も飛行機の半額以下という場合が多いのも嬉しい。ただし、ブエノスアイレスからパタゴニア南部などへ行くには、丸一日バスに乗りっぱなしなんていうのも当たり前。時間と予算のバランスはしっかりと考えた方が良さそうです。

ブエノスアイレスでの交通費、予算

ブエノスアイレスの市内交通に関しては、日本に比べるとかなり安いと言えるでしょう。スブテ(地下鉄)やコレクティーボ(路線バス)の初乗りは40~60円程度です。とくにバスの路線はかなり複雑で慣れるまでに時間がかかりますが、かなり細かく網羅されているので非常に便利。安くあげたいなら、積極的に地下鉄やバスを利用してみましょう。

タクシーも初乗り200メートルまでが約120円ととても安価。メーター制なので安心だし、15分くらい乗っても4~500円程度です。なるべくお釣りがないように小銭を用意しておいた方がいいでしょう。チップはよほど荷物の多いときなど、特別なことをしてもらったとき以外は不要。ブエノスアイレスの町は広いので、バスや地下鉄でカバーできない場所や夜間の移動にはタクシーが欠かせません。地下鉄やバスと組み合わせて使いこなしてみてください。

アルゼンチン地方都市の交通費、予算

アルゼンチンの地方に行くと、ブエノスアイレスよりもさらにバスやタクシーは安く上がります。ただし、タクシーに関しては、メーターの付いていないものも数多くあるので、乗る前に行き先と金額を確認しておきましょう。田舎に行くと親切な運転手がいていろいろ案内してくれることもあります。そんな時はもちろん、チップをはずんでおきましょう。

次は、アルゼンチンならではの楽しみ、サッカーとタンゴショーなどのエンタテインメントの相場です。>>>アルゼンチンのサッカーとエンタテインメントの予算
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。