ロス・グラシアレス国立公園への行き方

ウプサラ氷河

国立公園内でもっとも大きなウプサラ氷河 写真提供:アルゼンチン観光局

ロス・グラシアレスへ行くには、まずエル・カラファテという町まで行き、そこからツアーに参加するのが一般的。エル・カラファテへは、ブエノスアイレスから飛行機で3時間半ほど。エル・カラファテからは、バスとクルーズを組み合わせた氷河ツアーがいくつも出ており、好みによって選ぶことができます。基本的には、エル・カラファテからの日帰りツアーとなりますが、氷河の世界を堪能するなら3日間くらいは見ておきたいところ。ただし、オンシーズンになるとツアー自体がなくなることも多いので、必ず事前に確認しておきましょう。

ロス・グラシアレスの北部を巡りたいなら、エル・カラファテから220kmほどのところにあるエル・チャルテンという村に滞在するのもいいでしょう。この間は、バスでおよそ3時間半。ここからもたくさんのツアーが出ており、いくつかの氷河や湖を訪れることができます。

ロス・グラシアレスは一大観光地なので、日本の旅行会社でも予約は可能です。また、ブエノスアイレスにある日本語の通じる旅行代理店に頼むことも可能。ただし、現地代理店に直接予約を入れた方が安くあがりますので、英語やスペイン語が苦にならなければトライしてみましょう。

ロス・グラシアレス国立公園の歩き方

スペガッツィーニ氷河

圧倒的な高さを誇るスペガッツィーニ氷河も見どころ 写真提供:アルゼンチン観光局

ロス・グラシアレスは広いので、どの氷河を観に行くかによって変わりますが、大抵はツアーに参加することになります。レンタカーを借りて自力で行くこともできますが、悪路が多いのであまりおすすめできません。ツアーは種類も豊富なので、時間や予算に合わせて選ぶことができます。

■ペリト・モレノ氷河
ロス・グラシアレスでもっとも人気のスポット。轟音をたてて水中に崩れ落ちる崩落の瞬間は圧巻。いくつかある展望台から、その神秘的な光景を見学することができます。クルーズ船で接近することもできるし、上陸してトレッキングするツアーもあるので、氷河の魅力を知るには最良の場所といえるでしょう。

■ウプサラ氷河
ロス・グラシアレスの中で最大の氷河。全長約60kmに渡って巨大な氷の塊が続いています。クルーズ船でその一端を見るツアーもあれば、3時間ほどかけてトレッキングするツアーなどもあり、こちらも様々な角度から氷河を楽しめます。また、近くにあるオネージ湖に立ち寄るツアーも多く、森と氷山の美しい景色にうっとりすることでしょう。

■スペガッツィーニ氷河
この氷河の特徴は、とにかく高くそびえていること。最長で135mほどにもなるというから驚きです。ウプサラ氷河のツアーで立ち寄ることも多く、近くにあるセコ氷河とともに見学することができます。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。