Aさんのとった決断は……

Aさんは定年退職が近くなり、お子様たちが独立したのを契機に、この長年住んだ駅近マンションを手放すことを決断しました。ご自身の通勤やお子様たちの通学には大変便利であったこの立地も、これから老後ずっと住み続ける「終の棲家」としてふさわしい環境ではない、と思ったからです。

そこで次にAさんが購入したマンションは、駅から離れているけれども周囲に緑が多く、良い風が吹き抜けるマンションでした。大きなルーフバルコニーも付いています。ここで趣味のガーデニングをすることを心より楽しみにしているAさんです。

 

理想の暮らしが実現できる立地を選ぶ

理想の暮らしはどんな暮らしかもう一度考えてみよう

理想の暮らしはどんな暮らしかもう一度考えてみよう

マンション選びといえば「人気のエリアで駅から徒歩10分以内」といった立地条件に着目されがちです。しかし、Aさんのお話からは、駅近マンションの盲点がいくつか浮かび上がってきました。

利便性を享受したい方、将来転売を考えている方には大切な条件ですが、最近ではマンションへの永住志向が高くなり、いろいろな勤務形態があるため電車を利用しない方もいるでしょう。これからマンション選びをする方は、一般的な評価に惑わされずに、そこでどんな暮らしがしたいのか、再度ご自身の望む生活について見つめなおしてみてください。

もちろんAさんは、ご自身が働き盛りでお子さんたちが通学していたころ、駅近マンションという立地の恩恵を十分享受されました。駅に近いことを一番の優先順位とするならば、今回のデメリットの例を踏まえ、近くに大きな建物が建つ可能性を調べたり、騒音や排気ガスの影響がどのくらいあるのか事前に十分な検討をしておくことが大切といえるでしょう。

 

【関連記事】
駅前マンションを選ぶ時のチェックポイント

Copyright(c)2014 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。