近隣に大きな空地がないかチェック

近くに大きな建物が建つことによって影響を受けるのは日照だけではなく、眺望や風の通り方まで変わることもあり、大きく住環境が変わってしまう可能性があるのです。

このような失敗を防ぐためには、駅前マンションの購入を検討する時点でマンションの南側やバルコニーのついている方向に、ある程度まとまった空地がないか確認し、空地がある場合は将来的にどのくらいの規模の建物が建つ可能性があり、それが今購入しようとしている家にどのような影響を与えるか(眺望や日照時間)、マンションの販売会社にきちんと確認するようにしましょう。

 

騒音と排気ガスで閉め切った生活に

窓を閉め切った生活に耐えられますか?

窓を閉め切った生活に耐えられますか?

Aさんのマンションライフには、もうひとつの「しまった!」がありました。Aさんの住むマンションの前には大きな幹線道路が通っていました。駅につながる道路は自家用車をはじめバスやタクシー、トラックなどがひっきりなしに通ります。

その結果、Aさんの家は、騒音と排気ガスを避けるために窓が開けられない、閉め切った生活を余儀なくされることになりました。

そのような立地のため、Aさんのマンションはもともと遮音性の高い造りになっていました。しかし窓を開ければ騒音が入ってくることに変わりなく、閉め切らなければ電話の話し声も聞こえないようなうるささだったため、常に窓を閉めるようになったそうです。また遮音性が高かったためか、その分室内の音が響きやすいという特徴もあったそうです。

 

自然通風のない暮らしに耐えられますか?

常に窓を閉め切るということは「自然の通風を家に取り入れられない」ということになります。特に暑い夏は常にエアコンに頼ることになりますが、それが体に与える悪影響や光熱費を考えると、残念ながら住みやすい家とは言えないかもしれません。

その結果、Aさんが取った決断は次ページで!