アルゼンチンの名物料理

とにかく肉を食べまくるのが、アルゼンチンの食の楽しみ

とにかく肉を食べまくるのが、アルゼンチンの食の楽しみ

アルゼンチンといえば、牛肉。肉牛の生産量も消費量も、実は世界一という「牛肉大国」なのです。国内どこに行っても、パリージャというステーキハウスがあるので、思う存分世界一の牛肉を堪能してください。通常のフィレやロース以外にも、内臓各種や血入りの腸詰など珍しいものも味わうことが出来ます。こういった様々な種類の盛り合わせもたいていのレストランにはメニューにあるので、試しに頼んでみるのもいいでしょう。

それ以外では、エンパナーダというミートパイ、チョリソー(ソーセージ)をパンに挟んだチョリパン、ハムとチーズのトスタード(ホットサンド)といった軽食もお手軽で人気。イタリア系の住民が多いので、ピザが美味しいことでも知られています。

ブエノスアイレスのような都会にはカフェがたくさんあるので、カフェ巡りも楽しみのひとつです。カフェ・コン・レチェ(カフェオレ)とメディアルナ(クロワッサン)はアルゼンチンの定番朝食メニュー。ケーキやチュロスなどの甘いデザートも豊富です。

一方、日本ではなかなか味わえないアルゼンチン名物の代表は、マテ茶でしょう。ひょうたんで作ったマテ容器に、ボンビージャという金属のストローをさして飲むお茶です。かなり苦いので好き嫌いが分かれるところですが、ビタミンやミネラルなど栄養価が高いので、最近では健康食品としても注目されています。マテ茶の容器はいろいろな種類があるので、お土産にも最適。

そして忘れてはならないのが、アルゼンチンワイン。隣国チリのワインの方が日本ではメジャーですが、アルゼンチンも世界5位の生産量を誇るワイン大国なのです。とにかく安くて美味しいので、ワイン好きにとってアルゼンチンは天国のような場所。十万円以上する高級品もたくさんありますが、数百円でそこそこ上等なボトルが買えたりします。ビノ・ティント(赤ワイン)が主流ですが、ビノ・ブランコ(白ワイン)の銘品も数多く作られています。ただし、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

アルゼンチンでチップは必要?

アルゼンチン国内は、ヨーロッパ系の人々も多いためチップの慣習があります。でも、人によって対応も様々。高級なレストランやホテルなどでは10%程度のチップを払うのが当然のようになっていますが、それ以外のカフェや安い食堂ならサービスの内容によって気持ち程度の小銭を置けばOK。タクシーはメーター制なのでチップの必要はありませんが、荷物の多い時などはお釣りの小銭を渡すくらいの軽い感覚で試してみましょう。