キトサンダイエットに関する素朴な疑問を解消!Q&A

Q.エビやカニを食べればキトサンを摂ることができるの?
エビ

美味しい身の中にはキトサンが含まれていないのです



A.
残念ながら、エビやカニを食べてもキトサンを摂ることはできません。

キトサンの材料であるキチンは、エビやカニの殻に含まれているからです。殻ごと食べる桜エビなどもありますが、キトサンではなくキチンの状態なので、キトサンの効果を期待することはできそうにありません。
キトサンを摂るには、製品として加工・精製されたものを利用するしかなさそうです。


Q. 「キトサンで痩せられる」というのは本当?

A.残念ながら、医学的には「痩せるられる」という効果は立証されていません。

食物繊維全般が持つ性質として、脂肪の消化・吸収を穏やかにする効果があることや、キトサンを摂ることで胆汁(胆のうからの消化液・コレステロールも含まれている)の排泄量が増え、総コレステロール値が下がるということは確認されています。
ただ、キトサンを摂ることが体重減少につながるかどうかは、実験によって結果が分かれており、確実とは言えないようです。


Q. キトサンと似た働きをするダイエットサプリはある?

A.ダイエット効果としては、他の食物繊維も同じような効果が期待できます。

キトサンは、食物繊維の1種です。最近は、エビカニ由来のキトサンの他にも、キノコキトサンなども登場しています。
ただ、キトサンは、ダイエット以外にも体内の重金属の排泄を助ける働きなど、様々なパワーも期待されていている成分です。他にも、やけど皮膚治療のためのシートや、手術糸など医療素材に使われています。これらのパワーは、他の食物繊維で代用できない部分です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。