2位:森の菊川 本醸造辛口原酒

森の菊川 本醸造辛口原酒
 
香り豊かな菊の花と清流広瀬川から「菊川」と命名した森民酒造の創業は嘉永2年(1849年)。南部杜氏による手造り酒を丁寧に造り続けてきた。この辛口ランキングでのご紹介はもちろん「辛口原酒」。日本酒度は+20。香りはハーブのような爽やかさ。味わいは口中をきりりと引き締めてくれ、後味はすきっとシャープな切れ味で爽快感が残る。

おすすめの飲み方は、氷温近くにひやしてショットグラスで一気にぐいっと。テキーラやウォトカのような男前な飲み方で食後に楽しむのがおしゃれ。原酒なのでオンザロックなどもいい。氷はおいしい水を使いたい。ちなみに同銘柄で、+5の純米酒、+7の本醸造・特別純米酒もある。

関連記事:夏向き日本酒 おすすめ番外編 2

<DATA>
1800ml  2,000円
720ml   1,000円
アルコール度 20%
日本酒度 +20
宮城県産米 60%精米

森民酒造本家
住所:宮城県仙台市若林区荒町53番地
電話:022-266-2064


1位:春鹿 純米 超辛口

春鹿 純米 超辛口
 
平城遷都1300年の奈良を代表する酒蔵。日本最古の酒蔵である春日大社の酒殿で白貴(しろき)の製造を行う歴史ある蔵である。酒母造りの原型である「菩提もと」や白米で仕込む「諸白造り」を根幹とした伝統の酒造りで全国的な信頼と人気を持っている。なかでも純米・超辛口は、洗練された香り、そのバランス、+12ながらまろみと旨味がある絶妙さが辛口日本酒好きに受けている。

安心して飲める超辛口。誰に勧めても間違いない安心の辛口だ。魚、鶏、豚肉料理など幅広く合わせることが出来る。蕎麦との相性も抜群。同家敷地内には最古の書院造りで国の重要文化財「今西家書院」、隣接して極上の蕎麦処も。見学の価値あり。

<DATA>
180ml  372円
300ml  572円
720ml  1,566円
1800ml  2,808円
アルコール度 15~15.9%
日本酒度 +12
五百万石 58%精米

株式会社今西清兵衛商店
住所:奈良市福智院町24-1
電話:0742(23)2255


日本酒に合うおつまみレシピ

1. ロックに合う、ひんやりポテトサラダ
らっきょうの甘酢漬けがポイントのひんやりレシピ。らっきょうのさくさくした歯ざわりと甘酸っぱい風味が、ねっとりしたポテサラを引き締め、爽やかなアクセントになる。酸味がきいたポテサラと冷たい日本酒は相性バツグン!

2. アテにぴったり、梅肉入り大根おろし
みずみずしいうえに、大根特有の旨みが日本酒の旨みとマッチして絶品。大根のピリッとした辛みもよく合う。冷酒でもお燗でもオッケーの万能おつまみ。

3. お燗がススむ、ピーマンと昆布の一口おつまみ
ピーマンを切るだけの超手抜きおつまみ。こんなに簡単なのにヘルシーでおいしい。ピーマンの香りの強さと歯ごたえが塩昆布と絶妙に合う。これがお燗のコクと旨みにおどろくほどぴったりくる。

いかがでしょうか。日本酒がのみたくなったでしょ。どれも自宅でささっとできる簡単おつまみなので、ぜひお試しを。

<人気日本酒ランキング記事>
「純米吟醸酒」ベスト5!
「特別純米酒」ベスト5!
「純米酒」おすすめベスト5!
「長期熟成酒」ベスト5!
スパークリング日本酒おすすめベスト5!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。