「特別純米酒」おすすめベスト5!

米本来の味わいを堪能できる純米酒。日本酒といえば純米だと言い切る人もいるほど。なかでも「特別」とつくこのカテゴリーは、精米歩合のしばりがない純米酒とちがい、精米歩合60%以下で、さらには、特別な製法で造られたもののみにつけられる名称。
あまたある特別純米酒の中で、友田セレクトをランキング形式で5つ紹介する。


5位:米鶴 かっぱ 特別純米 超辛口

米鶴 かっぱ 特別純米 超辛口
 

山形高畠「まほろばの酒蔵・米鶴」は元禄年間の創業。上杉藩の御用蔵でもあった。雪国らしい酒造りと高い技術で安定した人気を誇る蔵。
「かっぱ」は海外でも人気の同社代表銘柄の一つで、なにしろ日本酒度+10の超辛口。完全熟成醪(もろみ)でドライ感と旨味を品よく表現している。アフターのすきっとしたキレ味とまろみが同居するバランスが、辛口愛好家以外にもファンを持つ大きな魅力だ。

超辛口と表示されるが、いやな刺激はなくともかくマイルド。地元米にもこだわりを持つ。料理のジャンルは問わないが、友田好みは焼き鳥と。

関連記事:山形、米鶴『盗み吟醸』

<DATA>
1800ml 2,000円
720ml 1,000円
アルコール度 15%
日本酒度 +10
出羽の里  60%精米

米鶴酒造株式会社
住所:山形県東置賜郡高畠町二井宿1076
電話:0238-52-1130  


4位:特別純米酒 田酒

特別純米酒 田酒
 

ぐっと飲み応えある特別純米酒といえば青森の田酒。特別純米酒=田酒と答える日本酒ファンは多いだろう。名前の通り「田んぼ」以外の生成物は使用しないと純米に力を入れる人気蔵。

磨きの高い特別純米酒のせいかフルーティーな香り。時間とともに炊き立てのご飯、つきたての餅のような純米特有の香りが。しっかりとした骨格と芯を感じる味わいはまさに田酒の真骨頂。
醤油と出汁をきかせた魚介の煮物、味噌で漬け込んだ魚の焼き物と。鍋を囲むときにも傍らに置きたい名品。プレミア価格がつくことも。

<DATA>
1800ml  2,651円
アルコール度 15.6%
日本酒度 +3
華吹雪 55%精米

株式会社西田酒造店
住所:青森県青森市大字油川字大浜46
電話:017-788-0007


3位:棚田米仕込み 特別純米酒  山古志

棚田米仕込み 特別純米酒  山古志
 
淡麗辛口のイメージが強い新潟酒だが、特別純米酒のメッカでもある。さすがに米どころ。中越地震で壊滅的な被害を受けた新潟、山古志の棚田。同地区のお福酒造が復興を誓いこの特別純米酒を醸した。機械が使えない棚田の米は昼夜の寒暖差があることと鮮やかな錦鯉を育成する清冽な水のおかげで極上のものとなる。

新潟酒らしい淡麗でみずみずしい味わいながら、米の旨味が生き、柔らかいバランスとなめらかで長い後味が印象的。日本酒度+5ながら、炊き立てのご飯のような自然な甘さが感じられ、日本人のDNAを喜ばせてくれる。面白いことに、ご飯のおかずに合うような、鮭の塩焼き、タラコ、梅干、漬物、干物などがしっくりくる。

<DATA>
1800ml 2,655円
720ml  1,365円
アルコール度 15%
日本酒度 +5
長岡市山古志地区棚田栽培米 60%精米

お福酒造株式会社
住所:新潟県長岡市横枕町606
電話:0258-22-0086 


→次ページで「第2位」と「第1位」を発表!