気軽に使える中華店

新店舗の外観

2012年8月に新店舗に移転されました

京都で一番賑やかな交差点、それは何と言っても「四条河原町」交差点でしょう。多くの旅人や地元民が行き交う、この交差点徒歩で約3分という良ロケーションに、実力派人気中華店「アルバーチョ チャイナ」があります。

もっとも、以前までは「隠れ家的」なロケーションにありましたが、2012年8月に現在の場所に移転。今では非常にオープンでカジュアルな雰囲気のお店となり、ランチでも予約必須の人気となっています。

内装

新店舗の内装

移転後の店内は、チャイニーズ・アンティークとモダンテイストを融合させた、ムーディで落ち着いた空間に。また、移転前まではカウンター席でもシェフと会話するのが難しい店舗設計でしたが、今はカウンター目の前でシェフが調理されるため、シェフとの会話を愉しみながら食事ができるようになりました。

シェフとマダム。
シェフの福村さん(右)とマダムのまゆみさん(左)。
昼は2種類から選べる超お得なランチのみ。メイン料理に点心やスープがつくという、コストパフォーマンス抜群の内容です。

夜は、お値打ちのコースのほか、単品料理も充実。特にパラパラ具合が秀逸の炒飯や麻婆豆腐は必食メニュー。その他、日替わり料理や点心、ユニークな創作料理等、何度も通ってメニューを全制覇したくなるような魅力的&刺激的な料理がずらりとラインナップ。それら夜の料理ついての詳細は、次のページから御紹介していきます。


次ページでは、スペシャリテの麻婆豆腐から御紹介します