降る雪の名前・表現

名前を知ると雪を見る目も変わります
手に触れればすぐにとけてしまう雪ですが、その様子から様々な名前がついています。

【白雪】【雪花(せっか)】【深雪(みゆき)】
雪の美称。

【細雪(ささめゆき)】 
細やかに降る雪のこと。

【粉雪】【小米雪(こごめゆき)】
粉のように細やかな雪のこと。パウダースノー。

【灰雪】
灰のようにふわふわ舞う雪のこと。

【泡雪】【沫雪(あわゆき)】 
泡のようにとけやすい雪のこと。

【淡雪(あわゆき)】 
うっすらと積もる、とけやすい雪のこと。

【玉雪】
比較的暖かい時期に降る、玉の形をした雪のこと。

【綿雪】【牡丹雪】【花びら雪】
雪片(せっぺん。ひとひらの雪をさす)の大きな雪のこと。

ホワイトクリスマスにはどんな雪が似合うでしょう
【餅雪】
玉雪や綿雪がややとけている状態の雪のこと。

【べた雪】【濡れ雪】
餅雪よりも水分の多い雪のこと。

【水雪】
べた雪と雨の中間。

【風花】
風上の降雪地から、風にのって流されてきた雪のこと。