菖蒲湯の準備と入り方

別名「菖蒲の節句」というように、本来は菖蒲が主役の厄祓い行事でした。香り豊かで風情があるばかりでなく、厄除け効果も抜群で、菖蒲なくして端午の節句は成立しないほどです。いろいろな楽しみ方がありますが、その代表が菖蒲湯です。

<花菖蒲と菖蒲の違い>
これが菖蒲の花。花菖蒲とは全く違い、ガマの穂のような感じです。
紫系の美しい花で目を楽しませてくれる花菖蒲はアヤメ科の植物で、花菖蒲を湯船に浮かべても、香りや効能を楽しむことはできません。

お風呂に入れる菖蒲はサトイモ科の植物で、その葉っぱに独特の芳香があり、茎や根っこに血行促進や鎮痛作用があります。菖蒲にも一応花が咲きますが、花菖蒲のような華やかなものではなく、ガマの穂のような地味な花です。

つまり、お節句用の花飾りをおすそ分けしても本来の菖蒲湯にはなりませんから、きちんと菖蒲を用意しないといけません。この時期販売されている葉と茎を束ねた菖蒲湯セットを利用すると手軽でしょう。


<菖蒲湯の準備>
鮮やかな緑と清々しい香りは、まさに和み系のアロマバス!

お風呂に菖蒲を入れるだけですが、ちょっとしたコツでより一層豊かな香りが楽しめます。

● まずは菖蒲の準備から。香りは葉から、血行促進や保温効果は茎の部分になりますので、両方を10本ぐらい用意して束ねておきます。(バラで使用する時は、風呂釜などに詰まらないようご注意ください)

● 沸かし湯の場合なら水のうちから菖蒲を入れ、少し高めの温度に沸かしておくと香りが増します。その後お好みの温度にぬるめて入るといいでしょう。

● 給湯式の場合には、浴槽が空のうちから菖蒲を入れ、やはり42度~43度の高めの温度で給湯し香りを高めてから、冷まして入ると効果的です。


<菖蒲湯の入り方> 
普段通りに入浴すればいいのですが、湯船に浮かんだ菖蒲を使い、昔ながらの遊びはいかが。
鉢巻
湯船に浮かべた細長い菖蒲の葉を一本とり、頭に巻いて鉢巻に。「こうすると健康で頭が良くなるんだよ」とおまじないも忘れずに!

ハーモニカ
葉の上下を切ってハーモニカほどの長さにし、芯があったら取り除きます。これを横に持ち、吸い込んで鳴らしましょう。結構難しいのでピーピーと音が鳴ったら大成功!鳴らなかったらのぼせない程度に練習しましょう。