ひな祭りの行事食 2

【ひなあられ】
あなたのイメージするひなあられは、関西風?関東風?

その昔、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があり、春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりで、菱餅を砕いて作ったという説もあります。

関西風のひなあられは“あられ”ですが、関東風のひなあられは“ポン菓子”で、味も見た目も違います。
ひなあられ、東西で違うってホント?


【桃花酒】【白酒】【甘酒】
もともと、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありました。

江戸時代から白酒が好まれるようになり、定着していきましたが、白酒はアルコール度数10%前後のお酒ですから、大人しか飲めません。

子供にはノンアルコールの甘酒がおすすめです。甘酒には2種類あり、酒粕を使ったものはアルコールを含みますが、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作るもの(別名「一夜酒(ひとよざけ)」)はアルコール度数1%未満なので、子供でも安心です。
白酒と甘酒は別物!桃花酒で大人のひな祭り


【はまぐり】などの二枚貝
ひな祭りは水辺に関係してるため、海の幸を供えました。また、はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています。盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ(1つの貝に2つ分の身がのる)、将来の幸せを祈っていただきましょう。


【ちらし寿司】
ちらし寿司のポイントは具です。

海の幸を多用しており、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具も祝いの席にふさわしく、みつば、玉子、にんじんなどの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。


< おすすめ関連リンク >
ひな人形の由来と飾る期間
ひな人形はどう処分すればいいの? 飾る期間も解説
雛人形の並べ方・飾り方~由来と男女関係
お雛様を早く片付けないと嫁に行き遅れる?
菱餅とひなまつりの色の由来
行ってみたい!魅惑のひな祭り5選

「暮らしの歳時記」トップへ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。