節分の新常識「恵方巻き」(丸かぶり寿司)の由来

恵方巻き

すっかり全国区になった恵方巻

恵方巻は、大正時代に大阪の商人や花街で発祥した風習に由来するといわれています。当時は、節分の時期においしく漬けあがったお新香を海苔巻きにし、商売繁盛を願って食べるというもので、景気づけの意味あいが強かったようです。やがて、それを大阪の海苔や寿司業界が関西地方に広め、メディアやコンビニなどの流通業界の影響もあり、現在は全国的な広がりをみせています。

恵方巻は、その年の恵方を向いて丸かじりすると、願い事が叶ったり幸運に恵まれ、無病息災や商売繁盛をもたらすとされています。さらに、縁起よく七福神にちなんで7種類の具を入れ、福を巻き込んだ太巻きを食べると良いとされ、福を逃さぬよう包丁で切ったり、途中で喋ったりしてはいけません。また、太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に見立てて、鬼退治ととらえる説もあります。

方巻を詳しく解説!今年の方角は?由来や食べ方・広がった理由

 

節分の恵方巻きの食べ方

1.巻き寿司をひとりにつき1本準備する。
……福を巻き込んだ巻き寿司なので、包丁を入れると縁が切れたり、福が逃げてしまいます。
2.その年の恵方を向く。
……恵方とは、その年の福を授ける年神様(歳徳神)がいる方角で、その年最も良い方角とされています。
3.願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる。
……しゃべると運が逃げてしまうため、食べ終わるまで絶対に口をきいてはいけません。

 

節分といわしの関係とは? 鬼の苦手な鰯と柊

やいかがし

鬼の苦手な鰯と柊をつけた焼嗅

節分に欠かせないものがまだあります。鬼は、鰯(いわし)の生臭い臭いと、柊(ひいらぎ)の痛いトゲが大の苦手なのです。そこで、鰯の頭を焼いて臭いを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにする風習があります。これを「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊」「柊鰯」「柊刺し」などと呼びますが、昔から臭いの強いもの、トゲのあるものは魔除けや厄除け効果があるとされています。

今では玄関先で見かけることも少なくなりましたが、節分のディスプレイには欠かせませんね。また、節分の食卓に鰯が登場することも多いのですが、鰯を用いる本来の意味も忘れないようにしたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。