第2問の答えは、【B】水引きだけで、飾りの付いていないものです。では、その理由をわかりやすくご説明しましょう。


のし(熨斗)の由来

まずはのしの由来をご紹介します。のしの使い方まで、きちんと理解できるようになりますよ。

●神様に供え、吉事に欠かせなかった 鮑(あわび)
熨斗のルーツは鮑(あわび)です!

古来より吉事には魚や鳥肉のような生ものが欠かせなかったため、海産物を贈る風習がありました。また、伊勢神宮では2000年も前からあわびをお供えするようになり、やがて日持ちのするのしあわび(熨斗鮑)が奉納されるようになりました (今でも伊勢神宮では本物の熨斗鮑を奉納しています)。こうしたことから、神の供物であるのしあわびを吉事に贈るようになっていきます。

●のしあわびが、めでたさの象徴として贈答品に添えられる
江戸時代に入ると、のしあわびが不老長寿や長寿延命に効く薬としても珍重されるようになり、さらに縁をのばす、命をのばす、慶びをのばすなど、めでたい物の象徴として贈答品に添えるようになっていきます。そもそもあわびはとても貴重ですから、贈り手のお祝いの気持ちや誠意を伝える最高の贈り物だったのです。

●本物から代用品へ、やがて印刷へと変化
見覚えありませんか? これは、のし飾りをさらに簡略化した「文字のし」です。

しかし、とても高価で貴重なのしあわびを手軽に贈ることはできません。そこで、代用としてのし飾りが作られるようになり、さらに簡略して奉書に印刷されるようになったのです。これがのし紙です。


こうしてのしの成立ちをみてみると、第2問の問題の意味がおわかりいただけるでしょう。のしそのものが生ものの代用なので、魚介類にはのしを付けないしきたりなのです。

それでは、のしの正しい使い方をまとめてみましょう>>>

<<<問題へ戻る 
<<<第1問の答えを見る  
のしの正しい使い方へ>>>