意外と知らない「ひな人形」の由来・意味や飾る時期

雛人形の由来・意味・飾る時期はいつからいつまで?

雛人形の飾る時期はいつからいつまで?早く片付けないと嫁に行きおくれるって本当?

ひな祭りといえば雛人形(お雛様)ですが、どうしてひな人形を飾るのでしょう? そもそもひな人形の登場人物って誰? ひな人形を飾る時期は? どうしてひな人形を早く片付けないといけないの?意外と知らないひな人形の謎にせまります。
   

ひな人形の由来・意味

ひな人形には、大きく分けてふたつのルーツがあります。

■人形(ひとがた)による、身代り信仰
流しびな

今でも古来の「流しびな」を行う地域があります

ひとつは、身代り信仰です。古代より、人形が人間の身代わりに厄を引き受けてくれると考えられてきました。この場合、「人形」と書いて「ひとがた」といいます。

上巳の節句(ひな祭りのルーツ)は、上巳の日(のちに3月3日となる)に厄を祓って幸せを願う行事ですから、草、わら、紙などでこしらえた人形に自分の穢れを移し、川や海に流して厄祓いをしていました。今でもみられる「流しびな」は、この名残です。また、木や布で作った人形を子供の魔よけにする風習もあり、人の厄を祓うために人形が重要な役目を果たしてきました。

■人形(にんぎょう)による、ひな遊び
紙のひな人形

紙の人形でおままごとをする「ひな遊び」から、紙製立雛が誕生しました

もうひとつは、ひな遊びです。平安時代に、貴族の子供達の間で紙の人形でおままごとをする「雛遊び」(ひなあそび/ひいなあそび)が盛んになりました。

「雛」は大きなものを小さくする、小さくてかわいらしいものという意味で、「ひな」の古語が「ひいな」です。人形と身の回りの小物でおままごとをするのは、今も昔も変わらぬ人気の遊びですね。

これらが結びつき、人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生しました。これが、いわゆる「ひな人形」の原型です。やがて人形作りの技術が発展し、立派なひな人形ができてくると、ひな人形は流すものから飾るものへと変化していきました。また、上流階級では、嫁入り道具に豪華なひな人形を持たせるようになり、婚礼の様子や婚礼道具を模したものが好まれるようになりました。 やがて、江戸幕府によって上巳の節句(桃の節句)が五節句のひとつとして女の子の節句に定められると、財力のある商人達は競い合うように絢爛豪華なひな人形を誂えるようになり、立派なひな人形をひな壇に飾るようになりました。

自慢のひな人形を見せ合う「ひな合わせ」や、ご馳走を持って親戚を訪ねる「ひなの使い」、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」が流行し、美しいひな人形を持って「ひな祭り」をすることが人々の憧れとなり、町をあげて祝うようになりました。ついには等身大のひな人形まで登場し、贅沢を警戒する幕府によって人形の大きさがおよそ24センチに制限されたほどでした。また、地方によっては土や紙で作った「土人形」や「押絵人形」などを飾るようになりました。

こうして、女の子が生まれると、その娘にひな人形を用意して初節句を祝うようになり、不幸はその娘の身代わりとなって人形に受けてもらい、健やかな成長と幸せな人生を願うようになったのです(詳しくは「ひな祭り・桃の節句のいろは~由来と行事食」もご覧ください)。