新酒祭りの楽しみ方

解禁と同時とはいかなくても、早めに冷やして飲めば応用範囲が広いワインである。気軽に飲んで、味の事をあまり詮索しない。解禁だからといってヌーヴォーしか飲んではいけない事はないから、新酒を前座にしてクリュボジョレのちょっと熟成したものや、各国のピノ・ノワールと共にこってりした料理を楽しむのも一興である。

「ボージョレは今年のブドウの出来が分かるんだよね、ふーむこれは……」とか通ぶってうんちくを傾ければ、周りの人にとって美味しくなくなる飲み方である。旨いの不味いのと理屈をこねるのは野暮。今年の初ワインを愛でるという体勢で飲むことが美味しく飲む一番の秘訣かもしれない。

<ボジョレー関連記事>
ボジョレー・ヌーヴォー解禁!楽しみ方とおすすめ5選
簡単おつまみと冷えたボージョレ・ヌーヴォーで乾杯!
ボジョレーヌーボーに合う絶品チーズおすすめ7選
大御所デュブッフに聞くボジョレー・ヌーヴォーの今!
ボジョレーヌーボーって本当はどんなワイン?


新酒とワインの飲み方関連記事

■ 家族そろってボジョレ・ディナーを
■ ヌーヴォーって何?から新酒情報まで
■ スクリューキャップのワインは安物?!
■ 「ワインの本場」に惑わされるな!
■ ワインは量を飲まないと味が判らない?!
■ 高いワインは美味しいのか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。