一杯ずつ飲みたいなら

アメリカでレストランに行って「グラスワイン」と頼んだら、サービスの人に「???」という顔をされて全然分かってもらえなかった——よくある話である。「グラスワイン」という言い方は英語圏で通じないのを、あなたはご存知だろうか? 「グラス」も「ワイン」も英語だが、レストランで一杯ずつ注文できるワインのことを「グラスワイン」と呼ぶのは日本的な言い回しなのだ。

ワインを一杯だけ注いでもらって飲みたい時がある

では英語圏のレストランにグラス売りのワインはないのか? そんなことはない。日本よりグラス売りがさかんな国も多い。そこではこの種のワインを「ワイン・バイ・ザ・グラス」(グラス単位で注文できるワイン)と言い表すことが多い。英語圏のレストランで簡単に済ませたければ、「ワインバイザグラス?」と尻上がりのイントネーションで訊けば分かってもらえるはずだ。

日本でも一般的になってきたワインのグラス売りがこれからますます重要になってくるはずなのは、次のような理由からだ……