厨房が客を迎える

川崎誠也氏がオーナーシェフを務める『アラジン』。フランス料理店らしからぬ個性的な店名は、日本の食通の間で広く知られている。冬場のジビエ料理が名物なのだが、それに加えて野菜の扱いが見事なことでも知られる東京・広尾の名店である。ある晴れた日の昼下がり、ここを訪ねてランチにワインを合わせた。

入口の扉の周囲にアールヌーヴォーの装飾があしらわれている

地下鉄の広尾駅からは少し歩くのだが、広尾商店街という新旧の商店が入り交じった活気あふれる商店街を通り抜けて行く。そこから大通りと橋を渡った対岸に、目印の赤い日除けが見えるという道順は、なかなか悪くない「非日常へのルート」である。

入口脇の窓から厨房が見える
店の入口へと進むと、すぐ左手に厨房が見える。料理をこしらえている姿が見えるのだが、逆に料理人たちからすればどんな客が来たか見られるということになる。こうした構造の厨房を造ったのは、客が来たのを見てから料理に取り掛かりたいからではないかと思える。