サブスリー達成に重要な腕振りフォーム」の次はいよいよアシの運びです。ここでは、足首から太ももにかけてを「脚」、くるぶしから爪先までを「足」とします(本来の言葉の意味そのものです)。両方合わせた意味で使うときは「アシ」とします。

骨盤が寝ているとピッチ走法がしづらい

猫背の前傾姿勢(赤)で骨盤(青)を立てようとするとさらに前傾を強めることになる(グレー)。ここで上半身をグッと起こしてへそのあたりから下半身を目に突き出すようにすれば(緑)、骨盤を立ててもバランスがよくなる。脚も楽に振れるようになるし呼吸も楽に
猫背の前傾姿勢(赤)で骨盤を立てようとするとさらに前傾を強めることになる(グレー)。ここで上半身をグッと起こしてへそのあたりから下半身を目に突き出すようにすれば(緑)、骨盤を立ててもバランスがよくなる。脚も楽に振れるようになるし呼吸も楽に
では、そのフォームから。今回は足の振り出しと着地ですが、腕振りに関しても「速い人のフォームには共通要素がある」を少し補足します。

腰位置のフォームは、「速い人のフォームには共通要素がある」で少し振れましたが、骨盤をなるべく立てること。骨盤が寝ると、その分だけアシの前後の開閉位置が前方になります。脚は上がるが、着地点がやや前方になる(体がそっくりかえる)ために体をしっかり押し出せません。そのまま骨盤を立てようとすると、体が前傾します。背筋が強くて上半身が丸まらずに前傾するならまだいいのですが、背筋が弱いと猫背になります。

すると、お腹を圧迫して呼吸が苦しくなりますし、重心位置のバランスをとるために脚を前方に大きく踏み出さなければならないので、ストライドが広がります。これ(ストライド走)が、市民ランナーレベルでは中間点以降の疲労を大きくしてしまい、後半の失速につながるのです。

したがって、腰位置は骨盤をなるべく立てます(おへそが前方にひっぱられるような、とよくいわれます。それに加えてお尻の穴を引き締めるような感覚)。これが腰の位置が高いという姿勢なのですが、背筋が弱いと維持しきれません。背筋を強化する筋トレを行いましょう。