秋になると、いよいよマラソンのレースシーズンが近づいてきます。普段のトレーニングでも、走り込みを行ったり、練習の強度を高めたりするという方は多いでしょう。ファンランナーでも、「涼しくなったから」と重い腰を上げて走り出す時期です。

夏場の暑さとは一転し、秋は少しずつ涼しくなり、まさにランニングに最適な気候になります。しかし実は、ウェアなどの選択が難しい時期でもあるのです。走れば暑いものの、じっとしていると冷える。レース中もペースによって体感温度が変わるなど、服装は大きな影響を持つポイントです。

そこで秋からのランニングに合わせた服装について、実際のコーディネートを交えながらご紹介しましょう。あくまで一例ですが、参考にご自身のスタイルに合わせてコーディネートしてみてください。

アームウォーマーで温度調節

気温が15度もあれば、少し走ればすぐにじんわりと汗をかきます。フルマラソンのように長時間のレースなら、もっと寒くても汗が出てくるでしょう。ウェアが汗で肌にピッタリとくっつくと、気になって走り辛いものです。

またトレーニング後にそのまま立ち止まると、次第に体温が下がって寒くなってきます。身体が冷えることで風邪などの原因にもなりますので、これは避けたいところです。逆に走る前の時間もまた、寒いとモチベーションが下がってきます。そこで大切なのが、温度調節です。

arm

伸ばせば暖かく、暑くなればまくる

温度調節にお勧めなのが「アームウォーマー」。ただ腕を温めるだけでなく、機能性の高いものは腕振りをサポートしてくれます。アームウォーマーは手首から脇の下の手前くらいまでを覆うものが多く、柔らかい生地でできています。そのため、暑くなれば手首側にまくってしまうと、腕にはすぐに涼しい風が当たります。

生地が薄いため、手首にまとめても邪魔には感じないでしょう。むしろ、まくっている際はリストバンド代わりに、汗を拭くことだってできます。逆に寒さを感じればすぐに腕を覆わせて、凌ぐことが可能です。特に長い時間にわたって走ると、気温の変化による影響を受けやすいでしょう。

また、トレーニング中に休憩を挟むかもしれません。ペースや状況によって快適な温度を保つために、とてもお勧めです。


突然の雨による冷えから守るシェルウェア

梅雨時期ではなくても、もちろん雨は降ります。秋の雨は想像以上に冷たく、ランニングで火照った身体でも、すぐに冷やしてしまうでしょう。冷えてしまった身体は動きにくくなり、怪我の原因にもなります。すぐに帰宅できれば良いですが、レース中や少し遠くまで走っている状態では、ウェアによって雨から身を守ることが大切です。

softshell

小型のソフトシェルは寒さ対策の必携アイテム

そこでお勧めなのが、ソフトシェルです。ペラペラながら防水性が高く、脇の下など雨の入らない部分で通気性も配慮。最近では、手の平におさまるような小さいサイズのものも発売されています。これならポーチなどに入れるだけでなく、手に持っていてもさほど邪魔にはなりません。

天気は誰にも分かりませんから、とくに長く走る場合には常備しておきたいアイテムです。

 

秋にお勧めのコーディネート例

では、実際にコーディネートを見てみましょう。カラーなどは好みで選んでほしいところですが、トレーニングとレースそれぞれにポイントを絞ってご紹介します。

<トレーニング>
training

Tシャツ&短パンを基本に十分な装備を

周回コースなどであれば、スタート地点に荷物を置いて走ることもできます。トレーニングですので、“安全性”を第一に考えましょう。

携帯電話などを持ち歩く人も多いと思いますので、ポーチを使って一緒にシェルなどのアイテムを持参します。遠くへ走るならば、万が一に備えてお金や保険証なども用意しておくと安心です。

長袖では暑いので、半袖のウェアが良いでしょう。寒くなればシェルがあるので、そのまま走り出してしまいます。

 
<レース>
race

レースはできるだけ軽装で

レースならば、ランパン&ランシャツでも問題ない季節です。ただし冷えなどが不安な方は、対策を考えつつできるだけ“軽量”であることを心がけましょう。荷物が重ければそれが負荷となり、思ったような走りができません。

アームウォーマーで温度調節を行い、カーフサポーターで脹脛のサポートと同時に、最初から脚の冷えを防止します。その分、ウェアは短めのものをチョイスしておきましょう。

集中力を高めるために、サンバイザーやサングラスもお勧めです。キャップも良いですが、汗がこもるので好みに応じ使い分けてください。

服装といえば、男性より女性の方が気を使うかもしれません。ここからは、少し女性目線でのコーディネートをご紹介していきます。