ジョギング・マラソン ガイド 三河 賢文

みかわ まさふみ

数々のマラソンを自ら走り、取材・執筆するスポーツライター。

5km・10kmなどのスピードレースからフルマラソン、100kmを超えるウルトラマラソンまで、自らの脚で走り、取材・執筆する“走る”フリーライター。雑誌やWebメディアなど、さまざまな媒体で活躍する。また、大学まで陸上競技部に所属した経験を活かして、中学校の陸上競技部コーチも務めている。

得意分野

マラソン、トライアスロン、陸上競技

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数27
執筆書籍数3

ガイドからの挨拶

初めまして!“走る”フリーライターの三河です。

私が走り始めたのは、2011年のこと。当時は、今より20kgほど体重もありました。「10kmくらい走ってくるか」と出かけたものの、2km走って息切れし、歩いて帰った苦い思い出もあります。陸上競技の経験こそあるものの、スピード系競技の出身です。そして7年ものブランクを経てチャレンジしたマラソンは、容易ではありませんでした。

そんな私でも、ランニングを始めて半年でフルマラソンを完走。1年以内にウルトラマラソンを完走し、現在もさまざまなレースを走っています。だからこそ言えること。それは、

「ランニングは、誰にでも出来るスポーツである」

ということです。

しかしランナーの中には、突然走り始めたために怪我をしてしまう方もいらっしゃるでしょう。走ることを楽しむためには、そのための土台が必要です。それは記録を狙う方でも、長い距離にチャレンジする方でも同じこと。ここでは、多くのランナーが“走る”ことを楽しめるよう、そのキッカケや土台となることをお伝えしたいと思います。

ガイドの新着記事

  • ランニング後のケアで疲労を溜めずに快適トレーニング

    ランニング後のケアで疲労を溜めずに快適トレーニング

    どうせ走るのならば、毎日快適なランニングを続けたいもの。せっかくトレーニングを頑張ったのに、レース直前で怪我なんて事態になれば、やる気を失ってしまうかもしれません。そこで今回は、自宅で誰でも取り組めるランニング後のケアについてご紹介します。

    掲載日:2018年05月27日ジョギング・マラソン
  • 雨の日のランニングで準備したいウェア&シューズ

    雨の日のランニングで準備したいウェア&シューズ

    毎日ランニングを楽しみたい。しかし、天候によって走るのを諦めるときがある。そんな方は、恐らくとても多いことでしょう。誤解してはいけないのは、「雨=走れない」というわけではないということ。そこで、できるだけ快適に“シャワーラン”を楽しめるよう、いくつかおすすめの方法をご紹介します。

    掲載日:2018年05月26日ジョギング・マラソン