寒い時期になると、朝布団から出るのも億劫に感じてしまいます。いくら大好きなランニングでも、「寒いなぁ…」と一歩引いてしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、冬に快適なランニングライフを送るための方法を、いくつかご紹介します。それぞれ違った効果がありますので、自分に合った方法を探してみてください。

+αの服装対策

まず最も手っ取り早いのが「服装」です。いくら寒くても走りだすと身体が温まり、ときには汗ばむこともあるでしょう。そのため、温度調節をしやすいよう対策することで、快適さがアップします。

buff

首や頭はbuffで寒さから守る

1)buff(バフ)

スペイン発祥という『buff(バフ)』は、機能性の高いヘッドギアです。首や頭に巻いたり、あるいは口まで覆ってしまったりと、寒さの程度や場所に応じて柔軟に使い分けられます。ファッション性にも優れているため、ランニングだけでなく普段使いもできるでしょう。

2)アンダーウェア
普段着ているTシャツの下に、アンダーウェアを切るのも良いでしょう。コンプレッションウェアはもちろんですが、ピチピチしたフィット感が嫌であれば、通気性に優れたロングTシャツなどでも可能です。

ただし、よくある『ヒートテック』はお勧めしません。なぜなら、温かさを保つことが重視されているため通気性が低く、汗がそのまま肌との間に留まってしまうものが多いからです。そのまま汗で身体が冷えてしまうと、体調を崩す原因にもなります。

3)薄手の上着
shell

薄手のウェアなら邪魔にならない

アンダーウェアとは異なり、Tシャツの上に着るという方法です。薄手のシェルウェアやウィンドブレーカーなどがお勧めです。
ポイントは、前がすべてジッパーで開けられるものを選ぶという点。なぜなら走っているとだんだん暑くなり、Tシャツでも十分な状態になってきます。そのとき、ジッパーなら走りながらでもすぐに脱ぐことができるからです。さらに薄手の上着であれば、そのまま腰に巻き付けて走り続けることもできるでしょう。

 

走った後はお風呂に入る

furo

汗を流し、身体を温めて筋肉をケア

走って温まった身体も、立ち止まったり歩いたりすれば、すぐに冷えてしまいます。そのため、出来れば走った直後にお風呂へ入れるのがベストです。

ランニングステーションなどシャワーで汗を流せる施設は多いですが、シャワーだけではなかなか全身が温まりません。実際、シャワーを浴びながらもお湯の当たらない場所が冷えているのを、感じたことのある方は多いでしょう。

自宅のお風呂や銭湯などを活用することで身体を温めれば、温熱効果などでトレーニングの質の向上にも繋がります。お風呂のある場所をゴールにしたり、ときには自宅を拠点として周辺を走ったりするのも1つの方法です。


あまり遠くへ行かない

温かい着替えなど荷物を背負っている場合は別ですが、冬場に遠くまで軽装で走ることはお勧めしません。もし走っている途中で体調が悪くなったり、あるいは足が痛くなって走れなくなったりした場合を考えてみましょう。

bag

バックパックに着替えや上着を持参

周辺の土地勘もない場所で立ち止まってしまえば、そのままの服装で寒空の下をウロウロすることになります。駅などが近ければ良いですが、必ずしもそうはいかないでしょう。何かあってもすぐに帰れる、あるいは暖を取れる場所をランニングコースに選びます。

尚、ロングLSDなどでどうしても遠出したい場合には、汗を拭けるタオルと厚手の上着、できればTシャツなど直接肌に触れる服の着替えを持ち歩くと安心です。


ウォーミングアップジェル

塗ることで身体を温めてくれる、『ウォーミングジェル』というアイテムがあります。これを外に出る前に身体へ塗っておけば、身体がポカポカして寒さを感じずに走れるでしょう。ただし注意点は、その持続性です。あまり塗り過ぎると効果がいつまでも続き、走ることで身体が温まるとかえって暑く感じてしまうかもしれません。何度か試し塗りして、最低な分量を知っておきましょう。

いかがでしょうか。この他にも、帽子やイヤーカバー、アームウォーマー、あるいは防風性のあるゴアテックスウェアなど、寒さを凌ぐのに適するランニングアイテムは数多くあります。ちなみに、古くなった長い靴下を切り抜いてアームウォーマー代わりにするなど、身近なもので実現できる方法もあります。

しかしいずれも共通するのは、人によって快適なアイテムでも利用シーン次第では邪魔になってしまうかもしれないということ。トレーニングやレースなどをイメージし、利用シーンを考えながら対策を選ぶようにしてください。