あなたはピッチ走法型? ストライド走法型?

脚が長ければストライド走法が理にかなっているが、ちょっとオーバーストライド?
脚が長ければストライド走法が理にかなっているが、ちょっとオーバーストライド?
アシ関連の最後にピッチ走法とストライド走法に触れます。

ピッチ走法とストライド走法については、これといった定義があるわけではありません。スピードはストライド×ピッチですから。同じスピードならストライドが狭ければピッチが速くなければならないし、ストライドが広ければピッチは遅くていいわけです。そこに歩幅何センチ以上がストライド走法だとか、1分間のピッチ数が何回以上ならピッチ走法だというような基準があるわけではありません。

ちなみに、私の場合でいうとフルマラソンを2時間54分前後で走っていたときのピッチは前半が188/分ピッチ、後半は186.5/分ピッチぐらいでした。前半1時間26分、後半1時間28分ほどなので、前半16168歩、後半16412歩程度、前半の平均歩幅は130.5cm、後半は128.5cmほどとなります。身長(178cm)からするとストライドは決して広くなく、外見はどちらかというとピッチ走法に見えているでしょう。本人もストライド走法ではなく、ややピッチ走法寄りの走り方を意識していました。

ピッチは体型(脚長)による

さて、それではどちらがよいのか、という話ですが、基本的には脚の長さに依拠します。それは「サブスリー達成に重要な腕振りフォーム」で触れましたが、脚が長ければ速くは振りにくく、足が短ければ速く振りやすいという振り子の原理に基づくものです。

良いフォームを身につけるためには、私は良いフォームをしたランナーの後について、そのフォームを真似るのが良いとすすめています。しかし、ピッチに限っては脚の長さが異なると合わせるのが困難になってきます。なるべく同じくらいの身長のランナーに付くのがよいのですが。

とはいうものの、スピードは歩幅×ピッチなので、なるべく歩幅は広い方がよいし、ピッチも速いほうがいいことは自明の理です。ピッチが早くなり歩幅も広がる走り方、そのための方策は、すでに数回にわたって解説してきました。

ピッチを速くすることに関してまとめれば、

・腕は折りたたんだ方がピッチを速められる
・足は蹴り上げて折りたたんで前方に振った方がピッチを速められる

の2点です。逆にピッチが遅くなるフォームというのはこの反対で、

・腕はより伸ばして振る
・脚を蹴り上げず、振り子のように伸ばしたまま前後に振る

となります。

市民マラソンランナーが長丁場を走る上では、理想のフォームを持続させることは困難ですが、記録を出したければ少しでもピッチが速くなるフォームに接近させる必要があります。