ランニングやジョギングを始める理由は、人によって実に様々です。しかしいずれも共通しているのは、「今より走れるようになりたい」ということでしょう。記録を狙うランナーから、健康のためにランニングを続けたいランナー、あるいはウルトラマラソンなどに挑戦しようというランナーまで、根本には同じ思いがあります。

しかし、1つ念頭に置いて頂きたいことがあります。それは、「楽に走る」ということです。
痛む脚を無理に動かして走り続けても、その先には望まぬ結果が待ち構えているでしょう。趣味であるはずのランニングやジョギングは、自分自身を苦しめるためのものではないはずです。しかし中には、

「フルマラソンを走り切れたら、どうなってもいい!」
「サブ4さえ達成できれば、もう思い残すことはない!」

などと考える人がいるかもしれません。しかし実際にフルマラソンを完走してからも、本当にそう思えるでしょうか?
大きな感動や達成感を得られるマラソン。多くの方は、「もっと走り続けていたい」と感じるはずです。だからこそ、走る前に「楽に走る」ための下準備が欠かせません。結果としてその下準備は、早く、そして長く走るためのスキルとなるのです。

まずは正しい姿勢から

ランニングにおいては、フォームにおける姿勢について指摘されます。「正しい姿勢を保って」などと声を掛けられて、頭の中にクエスチョンマークが浮かんだ経験をお持ちの方は、多いのではないでしょうか。
学校などで、「背筋を伸ばして」と言われた経験があるはずです。これは、姿勢を正すために掛けられる声。背中をピーンと伸ばして、ちょっと背が高くなったような気分になります。しかし本当に、これが正しい姿勢なのでしょうか?
sebone_ng

背骨が曲がって腰が落ちている

いわゆる「背筋を伸ばした」姿勢を横から見ると、背骨は弓なりになっています。それと同時に、お尻が少し後ろへ突き出してしまうでしょう。胸が前に出て、上体が反っている姿勢です。もしかしたら、顎が上がっているかもしれません。試しに、鏡の前で背筋を伸ばした姿勢を作ってみましょう。では、この姿勢で走ったらどうなるのか。腰が下がってフォームはバラバラ。お世辞にも綺麗なフォームで走っているとは言えないでしょう。
sebone_ok

脚から頭までが一直線に安定している

ランニングにおける基本姿勢は、骨盤を前傾させて頭から脚までが一直線になる形です。そして、脚や膝、上体、顔がしっかりと前(=走る方向)へ向いていること。私自身の実践のみならず、トップランナーやトライアスリート、あるいはランニングスクールやワークショップを主催する方々のお話を聞いても、これは共通しています。

aomuke

仰向けで骨盤を起こしてみる

試しに、膝を立てて寝転がってみてください。恐らく多くの人は、背中と床との間に空間があるでしょう。これは大人だけでなく、私が指導している中学生も同様でした。

ではそのままの姿勢で、骨盤と腹筋を意識しながら空間を埋めてみます。さらに、脚も伸ばしてしまいましょう。頭、背中、腰、お尻、脚のすべてが床に着いているわけですから、これが「真っ直ぐ」な姿勢といえます。この姿勢を、立った状態で作ります。

骨盤を起こした正しいランニングの基本姿勢。想像以上に難しいと感じるかもしれません。しかし、繰り返し姿勢作りを行っていくことで、この姿勢がむしろ普通になっていきます。

普段の動きから意識する

正しい姿勢を身につけるには、とにかく反復して覚えこませるのが一番です。そのため、日常から姿勢を意識して動くようにしましょう。

例えば椅子に座っているときも、骨盤を起こして背筋を真っ直ぐに。あるいは道端を歩いているときも姿勢を但し、爪先がハの字にならないよう真っ直ぐに着地するなど。わざわざ時間を設けてランニングに出かけなくても、これなら誰もが常に練習できます。そしてこの姿勢が、最終的にはランニングするうえで大切なスキルとなるのです。

ランニングする際にも、姿勢を崩さないようにするのがお勧めです。疲れて姿勢が崩れた状態では、良い走りなどできません。それでも距離だけを目指して走る人は少なくありませんが、効果半減。それならば、正しい姿勢を維持できる範囲で、気持よくランニングを終えられた方が良いでしょう。その際、できれば自分のランニングフォームをチェックできると最高です。

ロードトレーニングならば、近所のお店のガラス窓に映った自分を見ることもできるでしょう。スポーツジムであれば、トレッドミルの横に鏡があるかもしれません。グループで練習するならば、お互いにスマートフォンなどでフォームを撮影&チェックするのもお勧めです。

ではここから、少し具体的なトレーニング方法もご紹介していきましょう。