ランニングウェアの選び方を学んでランニングも楽しく長続き!

ランニング人口はますます増加中!おしゃれなウェアやシューズが多いことも、女性から人気のスポーツになった大きな要因です

ランニング人口はますます増加中!おしゃれなウェアやシューズが多いことも、女性から人気のスポーツになった大きな要因です

年の始めや季節の変わり目に、「何かスポーツを始めたい!」と意気込んだものの、実際にはまだ始められていないという方、多いのでは? そんな方にお勧めなのがランニング。 会社帰りや休日などでも少ない荷物で好きな時間にできるため、続けやすいのが一番の魅力です。また、最近はジョギング人口が増えてきていて、魅力的な大会も多く、続けるモチベーションも保ちやすくなっています。

でも、手軽とはいえスポーツはスポーツ。ウエアやシューズをおろそかにしていると思わぬケガにつながります。そこで今回は、初めてランニングに挑戦する際、まず揃えたいアイテムと選び方のポイントを、ASICS広報の伊藤さんにうかがいました。
   

まずはシューズの正しい選び方

ランニングを始めるとき、まず揃えるべきなのはやはりシューズ。何も知識がない状態だと「速く走れそう!」と軽いシューズに手が伸びがちですが、初心者の場合にはソールが厚く衝撃が吸収できるシューズを履くべきなんだそうです。

というのも、ランニングを始めたてのときには、まだ足の裏の筋肉が鍛えられていない状態。速さを追求するために軽量化されたシューズでは、足を痛めてしまうこともあるからです。
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

2012年2月に発売されて今でも人気を誇っている「ASICS33」。ランニングだけでなく街でも履けるファッション性が特徴のシリーズです。靴底に、かかとからつま先にかけて「ガイダンスライン」と呼ばれる長い溝が入っていて、正しい体重移動に導いてくれる機能を持っています。 上:グレー×ブルーのカラーリングがクールなデザイン。8085円 下:ピンクとネオンイエローのバイカラーが目を引くファッショナブルなデザイン。8715円/ともにASICS

次に重要なのが、サイズ選び。裸足で足の長さを計測し、そこにプラス0.5~1cmを足したものが、履くべきシューズのサイズです。実際に測ってみると自分が思っていたサイズとは違う場合も多くあるため、注意が必要。

また、シューズの幅も重要で、ASICSの場合には「スリム」「レギュラー」「ワイド」と3タイプの幅を用意しているそう。専門店で足の長さと幅を一緒に測ってもらうのが確実です。
 

ランニングウェアの選び方【練習編】

手持ちのTシャツとジャージで走るのと、ランニング用に作られたウェアで走るのとでは、その機能性が大きく違うことから、体感も大きく変わります。特に、ランニングウェアには通気性や吸水性、速乾性がマスト。ランニングを快適に続けたければ、やはり専用のウェアを着ることが必要です。
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

トップス7245円、UVストール3045円、パンツ4410円、レギンス6510円/すべてASICS

その上で、シーンに応じてプラスアルファの機能を選んで着用を。こちらは練習の際にお勧めなウェアのコーディネート。ブルー×ピンクという明るいカラーリングができるのもランニングウェアならでは。腕を隠せるボレロとして、また首に巻いてストールにもなる2Wayアイテムは、ひんやりとした素材感で、夏場でも日よけに役立つアイテムです。
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

トップスとレギンスは裏にパワーネットがあり、ランニングに向けて体を鍛える効果が!

これらのアイテム、「練習におすすめ」というのも裏にその理由が。「肩バランスアップアンダー」というトップスは、肩胛骨の部分にあしらわれたパワーネットが理想的な姿勢に導いてくれるというものです。胸が自然に開いて酸素摂取量が上がるため、着ていないときより呼吸が楽になります。

そしてレギンスには、「大腰筋」という腰部分のインナーマッスルに負荷をかけて鍛えられるよう、パワーネットが付けられています。大腰筋を鍛えることで体の軸が安定し、下半身のパフォーマンスUPにつながるそう。鍛えにくい部分を自然に強化してくれるこういったアイテムを使って練習すれば、体作りもスピードアップできるかも。
 

ランニングウェアの選び方【大会編】

走るモチベーションを保つには、大会参加を目標にするのが一番。大会で記録を目指すなら、前ページで紹介したような「インナーマッスル強化」目的のウェアは不向き。体の負担を軽減し、楽に速く走れるウェアを用意しましょう。
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

ウインドブレーカー9030円、Tシャツ4410円、パンツ3675円、ロングタイツ1万2600円、グローブ2625円、アームシェル2415円/すべてASICS

ASICSでは、今シーズンは星柄のアイテムが充実。シックな色の中にアクセントとしてネオンカラーをちりばめたこんなスタイリングなら、大人の女性のランニングウェアとして最適。ウォーミングアップ時にはウインドブレーカーを羽織って体を温めて。いざスタートのときには脱ぎますが、寒い時期にはグローブを付けて手首を温めておくとよいそうです。
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

ブラ4935円、ロングタイツ同上/ともにASICS

大会の時に初心者が見落としがちなのがブラ。バストの揺れをしっかり抑えてくれるクロスストラップのブラをつけると、疲れ方がまったく変わります。また、こちらのロングタイツは、膝の周囲を囲むようにパワーネットがついていて、膝をサポートしてくれる作りになっています。
 

ランニングウェアの選び方【普段着にも使える編】

「ランニングが続くか不安だから専用のウェアを買うのには抵抗がある」という人は、ランニング以外にも使えるウェアからスタートしてみては?
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

Tシャツ3990円、パンツ8925円/ともにASICS

デザインが限りなく普段の服に近いため、ちょっとしたお散歩やヨガといった他のスポーツにも使えそうなウェアです。ギャザーが軽く寄せられた袖がガーリッシュなTシャツは、汗染みが目立たない機能素材が使われた技ありアイテムです。
 
今年こそスタート!まず揃えたいランニングウェア

これなら、散歩をしながら鍛えることもできる!

ボトムはデニム生地に近い見た目でコーディネートもしやすそう。

このパンツも腰部分のインナーマッスルを鍛えるパワーネット付きで、見た目はシンプルながら、機能性はしっかり頼れます。
 
レベルや用途に合わせたアイテムがどんどん広がっており、以前に比べると、初心者でもランニングに挑戦しやすい環境になっています。まずは自分に合ったアイテムを揃えて、ランニングを始められる状況を作ることからスタートしてみては?

【取材協力】
ASICS

【最新記事】
暖かくて可愛い!主役アウター、ポンチョのコーデ
簡単おしゃれ!スヌードの巻き方9選

【ガイドの最新情報】
久野梨沙オフィシャルブログ「Coodinate Method」

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。