30度超えの夏! 涼しく過ごせる洋服の見分け方は

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたい時のおすすめは!?

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたい時のおすすめは!?

連日30度を超えることも多い日本の夏。熱中症の危険性もあり、できるだけ涼しい服装を心掛けたいですよね。今回は夏服の中でも特に涼しく着られる洋服の、素材やデザインなどの選び方についてお伝えします。後半では夏に着ると正直暑い、避けたいNG服についてもご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
 

【OK素材】一番涼しい素材はリネンやコットン

ゆったり着られるリネンワンピースは暑い日にぴったり 出典:WEAR

【OK】ゆったり着られるリネンワンピースは暑い日にぴったり 出典:WEAR

気温も湿度も高い日本の夏で、一番涼しく手に入れやすい夏服は、薄手のリネンやコットンなど、天然素材を使ったアイテムです。

夏素材の代表格であるリネンは、吸水性や速乾性に優れているので、汗をかきやすい夏でもサラリとした肌離れで快適に過ごせます。そのざらっとした生地感に素朴さ、ナチュラルさが感じられるのがリネンの特徴で、ワンピースやシャツなど、ハリ感があり面積の多いアイテムに使われることが多い生地です。洗う度にしなやかになり、肌に馴染む素材ともいわれています。シワはできやすいですが、そのシワさえも味が出ている、といい風にとらえられているのもリネンならでは。

コットンは肌が弱い人でも安心して着られるほど肌触りが抜群で、生地に細かな空洞があるため通気性も◎。柔らかく、Tシャツなどの肌に直接触れるアイテムに使われることが多い、夏の定番素材でもあります。洗濯機でガンガン洗えるのも、夏には便利ですよね。

他には、レーヨンという素材も夏服に多く使われています。柔らかなTシャツのような生地で、こちらも肌触りが優しく、吸水性もあるので夏にぴったり。トップスだけでなく、ワンピースやスカートにも多く使われています。

ただ、レーヨンは紙と同じ木材パルプが原料になっているため、水に弱いというデメリットが。型崩れしやすく、シワもできやすいので夏、汗をかくたびにガンガン洗って、という使い方をするには少々注意が必要です。
 

【OKデザイン】首、袖、裾に風が通るデザインがおすすめ

首まわり、袖、裾にゆとりがあり、風をたっぷり通すスペースがあると涼しいです

【OK】首まわり、袖、裾にゆとりがあり、風を通すスペースがたっぷりあると涼しいです

熱を逃がすには、とにかく風通りをよくしておくことが重要なポイント。屋外でも室内でも、風を通せる洋服ならば熱がこもりにくく、締め付け感も感じず快適です。もし暑い時でも、風に当たれば体感温度が下げられるので、体温調整がしやすいアイテムでもあります。

チェックしたいのは、トップスなら首まわり、袖、着丈の裾の3カ所。写真のシャツのように、3カ所全部が開いているのが一番好ましいですが、難しければ最低でも2カ所を。特に脇は汗をかいて熱がこもりやすいので、袖は筒が太めのものが風を通しやすく、おすすめです。

また、ボトムスならロングスカートやワイドパンツなど、裾がなるべく開いているものだと涼しく着られます。
 

【NGカラー】日光を集めてしまう屋外での黒や紺コーデ

色の中で一番暑く感じるのは、黒や紺などのダークカラー。熱がこもる色なので、特にアウトドアなどで、日中太陽の下で過ごす時は避けたほうが無難です。

ただ真夏でも、日中は会社内で、外に出るのは朝と日が暮れてからのみという場合はそこまで気にしなくてOK。冷房が効いている場所でずっと過ごすような場合は、あまりデメリットは感じないので、その日の予定によって使い分けるのがおすすめです。
 

【NG素材】ポリエステルなど化学繊維オンリーのもの

【NG】トレンドのサテン素材などのとろみ系アイテムはポリエステル多めなので要注意

【NG】トレンドのサテン素材など、とろみ系アイテムはポリエステル多めなので要注意

ポリエステルやナイロンには、比較的丈夫でシワになりにくく、お手入れも簡単、というメリットがあるため、プチプラの洋服に使われていることが多め。

ですが、ポリエステルやナイロンなど石油系を原料とする化学繊維は、空気を通さないため蒸れやすい、という特性があります。そのため、暑い夏に着ていると熱が内にこもりやすく、これらの化学繊維が配合されている割合が上がるほど、暑く感じられてしまいます。

ワンピースやパンツなど、涼しそうな夏服が欲しい!と購入したプチプラ服が、実は暑かった、という失敗も起こりやすいので、ぜひ購入前に洋服タグで素材をチェックしてみてくださいね。

ただし、夏でも雨の日やアウトドアなど、水に濡れてしまうような日には、すぐ乾くので使い勝手よし。コットン系の素材は水をたっぷり吸ってしまい、なかなか乾かないため、着たい場面を想定して、着分けるのがベストです。
 

【NGデザイン】空気が通らないデザイン

【NG】裾が絞られているパンツは、熱がこもりやすく暑いです

【NG】裾が絞られているパンツは、熱がこもりやすいという一面が

ぴたっとフィットするようなデザインや、袖、着丈の裾、ボトムスの裾が絞られているようなデザインは、空気が通りにくく、熱を逃がすスペースが少ないため、着ていて暑く感じやすいアイテム。

例えば、トップスならバルーン袖の裾が絞られているような袖コンシャスなブラウス、ボトムスならスリムパンツや足首のところにリブが付いてるジョガーパンツなど。薄手でも、レギンスなどは汗で余計にぴったり張り付いてしまうこともあるので、要注意です。

夏に涼しく着られるOK服、できれば避けたいNG服、ぜひチェックしてみてくださいね!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。