ティップ操作ラインメンディング

26番
キャスト後、ルアーが着水したらロッドを下げてティップを海面へ近づける。これだけで、ラインをコントロールするタイミングがグッと早くなる
無風状態でも様々な軌道を描くラインをコントロールするには、ちょっとしたコツがある。そのひとつがティップ操作だ。簡単にいえば、早くラインに伝わる力をティップで取れるようにすることで、一番簡単なのはルアーが着水すると同時にロッドの先を海面へ近づける方法だ。

ラインは海水中では放物線を描いていても水が抵抗となりショックが伝わりやすくなっている。この特性を活かし、なるべく早めに空中にあるラインを短くするだけでも、フォールのバイトが取りやすくなるのだ。その後は、リトリーブやロッド操作を行って、少しずつ余分なラインを巻き取るようにすればよい。


もう一つはフライフィッシングをしている人にはなじみ深い「ラインメンディング」という動作だ。フライフィッシングでは着水した毛針がラインによって引かれてイレギュラーな動きをしないようにするため、流れの上流へフライラインを置くような操作を行う。フライと比べればルアーはそれ自体にかなりの重さがあるので、フライフィッシングのような大げさなラインメンディングは不要。キャスト後、なるべく早く空中にあるラインを風上や潮上に置くようにすると、ルアーが一定層に沈む頃にはラインの姿勢が良くなるので、バイトの瞬間も捉えやすくなるのだ。これは足場の高い釣り場や強風時などにも役立つテクニックなので、ぜひマスターしてほしい。

<関連記事>
スリリングな海釣りライトゲームに挑戦!
ライトゲームのタックル-その1-
ライトゲームのタックル-その2-
ライトゲームで使うリグ(仕掛け)とは?
ライトゲームの場所選びのコツ-港湾編-
ライトゲームの場所選びのコツ-港湾編2-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編2-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編3-
メバルをルアーで狙う
メバルゲームに使うタックル
ジグヘッドを使いこなす1
ジグヘッドを使いこなす2
ジグヘッドを使いこなす3
メバル釣りのリグ1
メバル釣りのリグ2
ハードルアーを使ったメバル釣り
メバルに効くフライパターン
メバル釣り上達のコツ1

<関連リンク>
Salty! 全国釣り場情報
Salty! まめ辞典
Salty! ルアーショップ情報
e-angle -釣り専門用語解説-
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。