前回「身近な好敵手!シーバスフィッシングの魅力」に引き続き、シーバスを釣るための講座第2回目。今回は用語について解説します。

シーバスフィッシングには専門用語がいっぱい!

26番
専門用語を覚えておくと、知識を身に付けるのが楽しくなる。ぜひ覚えておいて欲しい
ガイドがこれまで紹介してきたフライフィッシングやブラックバスフィッシングと同様、シーバスフィッシングにも専門用語が多い。この釣り独自の用語のほかにも、海の知識が必要になるため、覚えなければならない言葉の幅は他の釣りよりもたくさんある。少しずつ覚えてもらえればよいのだが、これから始まる本格的なレクチャーを読み解くうえで、最低限これだけは知っておいて欲しい言葉から解説したいと思う。難しい用語もあるが、がんばって勉強してほしい。

潮汐

海が主な舞台となるシーバスフィッシングにはこの潮汐が欠かせない要素となる。海面の水位がもっとも高くなる「満潮」、逆にもっとも低くなる「干潮」、干満の差がもっとも大きい「大潮」で、「中潮」「小潮」と少しずつ干満が小さくなる。もっとも干満が小くなるのが「若潮・長潮」で、この期間が過ぎると「小潮」「中潮」「大潮」となってゆく。潮汐は月の満ち欠けと太陽の位置、そして地球の自転が作り出す壮大な自然現象で、満潮、干潮は毎日繰り返され、大潮は月に2回ほど訪れる。このリズムは海に住むすべての生き物を支配しているので、潮汐を知っていないと思ったような釣りができないといっても過言ではない。釣りとの関わりは今後のガイドの記事で述べてゆきたいと思う。

ジアイ(時合い)

26番
日の出前後、日の入り前後はチャンスタイム。ジアイを逃さないようにするのは釣り人の勤め
魚が餌を食べる時間帯を指す言葉。日の出から数時間を指す「朝マヅメ」、日の入り周辺の「夕マヅメ」など、釣りにはジアイを指す言葉が多い。このほか、「上げ7分」「下げ3分」といった潮汐リズムにまつわるジアイもある。これらはちゃんと実績と経験則で実証されているほか、科学的にも証明されており、実際の釣りでも当てになることが多い。

ショア

「ショア=Shore」で、岸とか海岸という意味で使われる。簡単にいうと陸からの釣りのことで、シーバスフィッシングでは大きく分けて岸から釣る「ショアフィッシング」と、ボートに乗って釣りをする「オフショアフィッシング」がある。

ベイエリア

26番
ベイエリアはシーバスにとって恰好の棲み処
「ベイ=BAY」でいわゆる「港湾」のことを指している。シーバスの捕食対象となる小魚や他の生き物が多いため、彼らにとって絶好の住処でもある。ただし、近年になり対テロ法の「SOLAS条約」が施行されたため、閉鎖されている港湾が多くなった。釣り人に解放されていた多くのエリアも入れなくなっていることがあるので十分注意すること。

干潟

自然の地形が作り出した天然の浅瀬。都市近郊では埋め立てによって失われ続けているが、干潟は海水の浄化をし、小魚のゆりかごとなることは、様々なメディアを通して訴えられている事実だ。シーバスが餌を求めて入り込んでくるため、活性の高い魚が狙える高ポイントにもなっている。

汽水域

真水と海水が混じるエリアのことで、河川が海に注ぐ河口周辺がその代表。プランクトンが豊富で、小魚や管虫類が多く住んでいる。シーバスにとっても餌が取りやすいため、回遊エリアになっている。汽水域は河口から数十キロ上流まで及んでいる河川も多く、そうした地域には毎年多くのシーバスが遡上してゆく。

サーフ

「サーフ=SURF」で、いわゆる砂浜を指している。小魚が豊富なため、シーバスの回遊コースになっていて、地形と潮流が作る沖への払い出しである「離岸流(カレント)」の周辺や河川が注ぐエリアなどが絶好のポイントとなる。

>>まだまだ続きます、シーバス編!>>