回遊魚が沈んでしまったときは?

ショアラインにいる回遊魚は活性が高いときは水面を意識していることが多い。しかし、それ以外のときはどうしているかというと、潮が動くタイミングが来るまで中層を群れで移動している。そんなときはメタルジグを表層で引いたとしても無視される、または気づかれないこともある。どうするかというと、誘って釣る、もしくは反射的に口を使わせてみるのがオススメだ。今回はそんなときのテクニックのひとつ「ジャーク」を解説してみよう。

ジャークって何だ?

26番
回遊魚の活性が低く中層に沈んでいる可能性が高いときはアピール力の高いメソッドが必要になる。まずは基本となる2種類のジャークを覚えてみよう
ルアーフィッシングでいう「ジャーク」という言葉はこれまでの記事にも何度も出てきている。簡単にいうとリールを巻きながらロッドをあおるようにしてルアーをスライドさせるテクニックで、これを繰り返すことで激しいフラッシングを発生させることができるのだ。慣れないうちは非常に体力が必要となるが、リズムを掴めれば一連の動作をするだけなのでそれほど疲れない。タックルもいつもと同じで構わないのでぜひチャレンジしていただきたい。

このテクニックでは大きく分けて2種類のジャーキングが基本となる。ひとつはロッドの振り幅を最大限に活かして長く大きくスライドさせる通常のジャーク、そしてもうひとつはリーリングと連動させながら小刻みにロッドティップを動かしながらルアーをスライドさせるショートピッチジャークだ。このふたつの動作を覚えておけば、あとはルアーを泳がせたい深さや、潮の流れなどにジャークの幅を合わせてアクションを変えてやるだけだ。ではまず、通常のジャークを解説してゆこう。

基本のジャークを覚える

通常のジャークはロッドを大きくあおり、なるべく早く煽った分の糸ふけを巻き取る要領でアクションさせればとりあえずはオーケー。ただし、ロッドを移動させるスピードはなるべく速く、そしてすぐに次のアクションへ繋げられるようにリズムよく繰り返すことが重要だ。具体的なジャークの例を図説してみよう。

 
まず、キャストしたらカウントダウンでルアーを沈める。カウントダウンの幅は釣り場で調整するしかないが、基本的に浅い層からチェックするようにしたほうが手返しがよい。ある程度沈んだころを見計らい、ロッドを勢いよく跳ね上げよう。
 
ロッドが上にきたらこんどは最初の位置へ戻してやる。このとき糸ふけが出るので、急いでリールを巻いて回収しよう。
 
この動きを繰り返すとジグザグと緩急を付けたスライドアクションとなるのだ。ここでは例としてロッドを上方向に移動させているが、横方向や、足場が高い釣り場なら水面に近い方向でジャークさせてみるのも面白い。ルアーの移動距離やスピード、ジャークさせる間隔などに変化をつければ実に多彩な演出が可能だ。


このジャークはもっとも基本的なアクションとなる。主に縦方向の誘いのテクニックとして様々なシチュエーションに応用することが可能だ。

>>まだまだ続きます、ショアキャスティングゲーム編!>>