大物に備えたタックルを選ぼう

26番
1日中キャストを繰り返すショアキャスティングゲーム。必要なのは自分に合ったバランスのよいタックルだ
このゲームに関して、シーバスタックルを持っているアングラーなら特に事前に新しいものを揃える必要はない。しかし、より専門的に狙おうと思うなら重いメタルジグを大遠投することや、もしもの大物を想定してやや太めのタックルを用意しておくと安心できる。

その他、回遊魚たちの引きはすさまじいものがあるのでラインやリーダー、それにラインシステムを完全にするなど細かい部分ではいくつか注意してほしいこともある。では、実際にどのようなタックルが向いているのか解説してゆこう。

ロッド

26番
ロッドは釣り場に合わせることも大切だが、何より自分の体力と相談して選びたい
ロッド選びの基準となるものはファストテーパーでバットがしっかりしているもので、適合重量のマックスが40g前後、長さは10ft前後のロッドが使いやすい。ロッド長の選び方は、防波堤や磯では足場が高いので11~13ft、サーフでは振り切りやすい9~11ftといったところ。しかし、非力な人が13ftのハードタックルを持てばロッドに負けてしまいすぐに疲れてしまうだろうし、逆に体力がある人が9ftの柔らかいタックルを持てばキャストのリズムが狂ってしまう。釣り場の特性もあるが、自分に合った長さとロッドの硬さのものを選ぶことが最大のコツといえる。

ガイドは体力があるほうだが、このゲームでは10ftで適合重量50gのロッドをメインに使用している。11ftや12ftでも良かったのだが、40gのメタルジグを大遠投したり、30mまで沈めてジャークし続けたりすることもあるのでこの長さのほうがリズムを作りやすいというのがその理由。足場の高い防波堤ではやりづらい面もあるが、キャスト&リトリーブは断然楽なのでよほどのことがない限り、このロッドを使っている。

これから始めるみなさんがロッドを釣り具店で購入するときには、リールをセットした状態で30g程度の重りをつけさせてもらえば分かりやすい。手に持った時にタックル全体が重く感じるようなら、少しずつタックルを短く、やわらかくしてゆくとよいだろう。手持ちのタックルを流用するときは、くれぐれも適合重量をオーバーしないように気を付けてほしい。

リール

26番
ショアキャスティングゲームでは中型スピニングリールを使う。造りがしっかりしていてドラグも良く効く製品を選ぼう
リールはシマノで4000番、ダイワで3500番辺りの中型スピニングリールが主力となる。後ほど述べるがPEラインが主流となることを考えれば、もうワンサイズ小さくてもよいのだが、ドラグのほかメインギアなどの機構もより頑強なものが必要になるため中型リールが欲しいというのがその理由だ。

回遊魚の引きはとてもパワフルなので、スプールが頂上に来たときにヒットすると安物では主軸が曲がることもある。そのため、一定以上の機能の製品を選んでおくと安心だろう。また、繰り返しリトリーブすることや、ときには連続ジャークなど激しいアクションも必要になることからなるべくベアリングが多いものを選択しておくとストレスが少なくなる。

>>まだまだ続きます、ショアキャスティングゲーム編!>>