水中を舞台とした管理釣り場のフライパターン

マラブーパターンに代表されるような管理釣り場独特のフライパターンがある。アピール力が強いフライが多く、派手な色をした個性的なものもあるため、釣っていて楽しいフライのひとつだ。その中からオーソドックスさと、釣れる要素を兼ね備えたフライパターンをいくつか紹介してゆこう。

モンタナマラブー

リトリーブさせてもルースニングしても非常に良く釣れるパターンがこのモンタナマラブー。ボディに垂直に立つように留められたボリューム感のあるマラブーテールと、派手なソラックスだ。テールをボディと水平になるように留めたパターンと比べて、ちょっとした変化でマラブーが動くので、ガイドはどちらかというとルースニングで使うのが中心。作り方としてもヘアーズイヤーニンフのテールがマラブーに変わったぐらいなのでとても簡単だ。フックサイズの大小やカラー違い、あるいはビーズヘッドにするなど非常に応用範囲の広いフライでもある。

フックに下巻きをしてシンカーを巻いたらテールとなるマラブーとリブ用のワイヤーを取り付けておく。ボディを巻きはじめるが、画像のようにテールの外側にボディマテリアルを少量巻きつけてテールが立つようにする。
ボディを作りワイヤーでリブを作る。先端からヘッドに向かってテーパーを付けるようにすると見栄えがよい。
ソラックスを作る前にウイングケースとなるクイルを取り付け、次にヘンハックルを留めておく。
ボディマテリアルでふっくらとソラックスを作ったらハックルを巻いてゆく。あまり密にする必要はないので、2~3回転させるぐらいでよい。巻き終わったらスレッドでとめてこう。
ウイングケースを前方へ倒して巻き留める。このときハックルを倒しすぎないように注意。ウイングケースから少しソラックスがまばらに出ているぐらいが動きがよい。
ヘッドを作りフィニッシュしよう。テールの長さはボディの1.5倍ぐらいが適量。基準を自分で決めておき、リトリーブするときは長め、ルースニングのときは短めにするのがコツ。現地で合わせられるように最初は長め、多めに取り付けておくとよい。

>>まだまだ続きます、トラウトチャレンジ編!>>