”ボトム”は大物トラウトスポット!

ボトム狙いで大物トラウトをゲットしよう

ボトム狙いで大物トラウトをゲットしよう

26番
ボトム狙いが決まればニジマスだって大型がヒットしてくる可能性が高くなる
管理釣り場におけるボトム狙いは、大物に対して有効な手段。何の障害物もないようなシチュエーションでは人気を嫌って大型トラウトが底にへばりつくようにしていることも多い。水質のよい釣り場では、そういった大型トラウトが底を悠々と回遊している様子を見ることもある。それだけでなく、表層や中層で元気一杯に泳ぎ回っているニジマスを回避するためにもこのレンジを狙ってみる必要があるのだ。

多くの管理釣り場ではボトムは平坦になっている。しかし、水を循環させるためのパイプや捨石など、ちょっとした変化がある場合も多いので、そうしたポイントを見つけたら必ずメモしておくこと。本当に小さな岩があるだけでも、神経質なトラウトにとっては身を寄せたくなるのだ。では、実際にボトムを攻略するにはどのようなメソッドがあるのか考えてゆこう。
   

フライでボトムを攻める

26番
フックが上を向くように作られたフライをキールタイプと呼ぶ。根ガカリしにくいので積極的なアプローチができる
フライの場合は、ルースニングなどの縦の釣りでボトムを狙うか、タイプ2程度のシンキングラインで沈めて釣るかのいずれかになる。前回お伝えしたとおり、たっぷりウエイトを仕込んだフライで出来るだけ丁寧にアプローチさせることが重要だ。ルアーと違って底にフックが引っ掛かることが多いので、キールタイプのフライをいくつか持っていくのもひとつの方法。キールタイプのフライはスナッグレス効果が高く、ボトム狙いに使えばフックアップもしやすい。キールタイプゾンカーなどのパターンをいくつか持っていけば、思い切った攻め方もできるはずだ。
 
 

ルースニングの場合は、水深よりも長めにウキ下をとってボトムにフライを置いておくメソッドも対大物には有効。マラブーパターンなどを使えば放っておいてもマテリアルが勝手に揺らめいてくれるのでアピール度も高い。また、自分で扱えるティペットの長さよりも水深がある場合は思い切ってリーダーを取ってしまい、フライラインに直接ティペットを結ぶ裏ワザもある。この場合、マーカーを接続部に近い部分にセットするか、フライラインの先端でアタリをとればい。

シンキングラインを使ったリトリーブパターンのときはフライラインのシンクレートをよく把握しておき、きっちりカウントダウンすることがコツになる。自分が使っているラインが1m沈むのに何秒かかるのかを知っておけば、そのポイントの水深に合わせてボトムまでフライが到達するのにどのていど待てばよいのか分かるはずだ。一旦、ボトムが取れればあとは通常通りリトリーブしてくればオーケー。フライが浮き上がりやすいときは時々ポーズを入れるなど工夫してみよう。
 

ルアーでボトムを攻める

ルアーの場合、このレンジを攻めるのは意外と簡単だ。キャストしたルアーが着底するまでカウントダウンしてからスローリトリーブすれば、底をトレースすることができる。ルアーの重さを変えることにより、リトリーブスピードを早くすることも、遅くすることも可能だ。だが、慣れないうちはいつの間にか中層、あるいは表層近くまでルアーが浮いてしまっていることも多い。
 
 
そこでオススメなのが、ボトムノックと呼ばれるメソッド。これは一旦、着底したルアーをリフトアップ、またはリトリーブして泳がせてから、もう一度底まで沈める、というもの。底が平坦な管理釣り場ではこれが思いのほか有効で、ルアーが自然に踊るのでアピール度も非常に高い。アタリもいきなり引ったくるように釣れることもあるのでやっていて楽しい釣り方になる。アタリが集中するのがルアーが動き出す瞬間か着底する直前となることが多いので、その日の傾向を早めに掴むのが最大のコツだ。このボトムノッキングはうまく使いこなすことによって日中の食い渋りにも効くので、ぜひマスターしておこう。
26番
左から3.5g、5g、7gのスプーン。一番右は比較用のサクラマス釣りなどによく使われる18gスプーンだ

また、ルアーのサイズもマイクロサイズにこだわらず、3.5~7g程度までのスプーンを使うこと。いつものサイズとは違ってかなり大きく見えるかも知れないが、ネイティブのサクラマス釣りなどでは18g、24gといったスプーンも普通に使われる。放流されている魚が大きければそれだけルアーもサイズアップさせたほうがよいのだ。ただし、使えるルアーの重さが決まっていることもあるので、その場合はルールに従うようにしてほしい。
 
26番
ディープレンジまでサーチ可能なジャークミノー。対大物用にはとても有効なルアーだ
もうひとつ、底までのレンジが浅い場合はディープレンジを泳ぐジャークミノーも効果的なルアー。中でも2m以上潜航するタイプなら、うまくニジマスの層を突破することもできるうえ、底近辺でルアーが猛烈にアピールしてくれる。使い方はいわゆるジャーキングがメイン。ボトム近辺でビシビシとルアーを閃かせてストップをかける。その瞬間にバイトしてくるケースが多い。ルアーの重量もあるうえにジャークさせるとなるとライトクラス以上のタックルが必要になるが、大物狙いに徹する際には特に有効なメソッドだ。
 

管理釣り場の大物

管理釣り場でいう大物はブラウントラウトやイトウが中心。中でもイトウは近年になって養殖方法が確立されているので、我々アングラーを大いに楽しませてくれている。場所によってはニジマスの大型個体であるスーパーレインボーが放流されていることもある。本場アメリカの大型河川に遡上してくるスティールヘッドさながらの強引な引きは魅力たっぷりだ。みなさんも小型の数釣りとは少し違ったゲームを楽しんでみたらいかがだろう?


【関連記事】
<関連リンク>
ナチュラム
WILD-1 HOW TO講座 トラウトフィッシング
WILD-1 HOW TO講座 フライフィッシング
管理釣り場に行く前に
川場フィッシングプラザ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。