フライフィッシング=ネイチャースポーツ!

日本の渓流は美しい。のんびり一日ロッドを振っているだけでも満足できる
春になると一斉に解禁となる日本の渓流釣り。主な対象魚はヤマメ・イワナ・ニジマスで我々日本人にはとても身近な存在だ。これらはすべて「トラウト=Trout」と呼ばれ、平たく言えばマス類。この魚種の食性は肉食で、水中や空中を漂う昆虫や小型の魚がメインディッシュになっている。

もうおわかりだろうか?フライフィッシングとはこのトラウトの食性を利用し、彼らが常食している「フライ(メイフライ=カゲロウ)」を模した毛針を使う釣りのことなのだ。

このフライフィッシングの発祥は定かではないが、ヨーロッパで発達しアメリカで完成したとされている釣法になる。日本でも古来よりマス類を釣るときに毛針を使っており、いまだに釣り師の中には好んで日本古来の毛針をもちいた釣法「てんから」を使う人も多い。「マスを毛針で釣る」この釣法がもともと日本でも行われていたように、世界共通のポピュラーな釣りなのだ。

ショップで売っている毛針は非常に美しい。これを手本にいろいろ作ってみるのもアリだ
ほかの釣りとフライフィッシングの大きな違いは、軽い毛針(フライ)を自在に操るために考え抜かれたロッドとラインにある。通常の釣りに使うよりも太く重いラインを、専用の調子を持つロッドでムチのように扱う。そのムチのようにしなる力を利用し、20ヤードを越えるポイントへわずか1グラムにも満たない毛針を届ける奇跡のような釣りなのだ。

また、飛び交う虫達と水温や天候との関わりや、トラウトたちの捕食行動がどんな要因で起こっているのかなどを推測しているうちに自然と周囲への観察眼が養われることになる。これまでの釣りではあまり味わえなかった感覚に、あなた自身の釣りに対する考え方も変わってくるはずだ。

この釣りが楽しめるのは、主に渓流、湖などだが、最近ではこうした自然のシチュエーションを人工的に作った管理釣り場も人気を集めている。管理釣り場は当然のことながら、魚が豊富でトイレ設備や食堂などがあるところも多く、抜群に釣りやすいので家族連れや女性アングラー(釣り人)もたくさん訪れている。

釣りをするだけがフライフィッシングの楽しみではない

完成した毛針を眺めていると、このときだけは釣れまくると核心できる
ほかの釣りにはない特殊なキャスティングをマスターすることや、自然に対する奥深い理解などなど、フライフィッシングには釣りをすること意外にも楽しみは多い。その最たるものに「タイイング」と呼ばれるものがあるのをご存知だろうか?

タイイングを簡単に解説すると「自分で毛針を巻く」ということになる。小さな針と大量の素材(マテリアル)を見ると最初は「うへー」と呻く人もいるが、そんな人でも簡単なレクチャーを一回受けるだけでタイイングの虜になることも多い。

タイイングによって作ることができるのは、トラウトたちが常食している虫たちのイミテーションをはじめ、煌びやかなアクセサリーを彷彿とさせるような変わった毛針もある。最初からこれらを巻くことは難しいが、別にタイイングの名手が作るような精密な毛針を作れというのではない。実際、釣りに行けばわかると思うが、ショップで売っている精巧な毛針よりも、不慣れな手で作ったガシャガシャの毛針のほうが釣れるときもあるのだ。どうしてそんな結果になるのかは魚に聞いてみなければわからないのだが、自分で巻いた毛針で釣った一匹は格別だ。釣りに行けない休日にじっくり巻くもよし。釣り場で昆虫観察をしながら現地で巻くもよし。こんな楽しいタイイングをやらない手はないだろう。

とにかく一本ずつでいい。最初はショップで買ったフライをメインに、ひっそりとフライケースに自分で作った毛針を忍ばせておこう。ここ一番で使ってみると意外な効果を発揮してくれるかもしれないではないか。

>>フライフィッシングは身近なところで楽しめる>>