メバルゲームロッドの基本

26番
メバルの小さなバイトを捉えるためには優れたロッドティップが不可欠だ
26番
ブラックバス用のロッドにもメバルゲームに流用できるものがある。専用ロッドを買う前に手持ちのロッドで試してみるのも面白いだろう
メバルゲームのタックルはいたってシンプルだ。軽量高感度のロッドと小型スピニングリール、それにライン。ルアーは、ソフトルアーを使ったジグヘッドリグとダウンショットリグを中心に、小型ミノーやメタルジグが少々あれば十分だ。タックルの選び方は「ライトゲームのタックル-その1-」「ライトゲームのタックル-その2-」で紹介している通りとなる。

専用ロッドとの組合せも良いが、他の釣りをしている人の場合、また新しく購入するのが大変ということもあるだろう。メバルゲームといっても小物釣りの延長なので、あまり難しく考えず、ブラックバス用のウルトラライトクラスのロッドでも十分応用が効く。ガイドも専用ロッドだけでなく、港湾のテクニカルゲーム向けにはブラックバス用のフィネスロッドを愛用している。この手のロッドは操作性やキャスト性能が抜群なので、微妙なアクションもつけやすく、食い渋りの状況でショートバイトが多発するようなシチュエーションに強いのだ。

高さのある防波堤は7ft前後、細かく手返ししたいときは6ftクラスが使いやすい。好みにもよるが、風が強いときに水面近くまでティップを下げられる長さを基本にすると良いだろう。ちなみに東京湾で釣りをすることの多いガイドは6.4ft、もしくは6.6ftをメインに使っている。この長さなら足場が高くてもよほどのことがない限り、自分が膝をついてロッドを下げれば、ほぼ思ったラインをトレースすることができるのだ。メバルゲームはシーンによって様々なリグを使い分けるので、すべてを一本でまかなうのは難しいが、どれかひとつを持っていくとなれば、ガイドは6ftクラスを選ぶと思う。

メバルゲームのリールとライン

26番
ガイドは軽量であることを最優先にドラグ性能の良いモデルを選んでいる
リールに関しては、小型スピニングリールがメインとなる。シマノの1000番か2000番、ダイワなら1500番あたりが適当だろう。メバルだけならそれほど高機能なドラグは必要ないが、良型のシーバスや青物がヒットしてくることもあるので、自分が持てる範囲でなるべくよいドラグ機能のものを選んでおくと失敗が少ない。

ガイドは軽量でなおかつドラグのよいリールを選んでいる。1000番の浅溝タイプでこれにナイロン系の3lbラインというのが主な使い方だ。PEでも別に構わないのだが、リグを頻繁に換えるほうなので、この方法に落ち着いた。最近ではナイロンとフロロカーボンのメリットをミックスしたようなラインが販売されているので、管釣りやブラックバスのフィネスタックルを含めて、もっぱらこのシリーズを使い続けている。

26番
メバルゲームのライン選びはとても重要。軽いリグを操作することを考え、自分にとって一番扱いやすいものをチョイスしよう
ストラクチャーを攻めることが多いので、あまり遠投をしないという理由もあるが、これで十分な感度を得ることができるので不自由さはまったく感じていない。もし、ラインに悩んでいるなら、感度を最優先にするならPEラインに4lb程度のフロロカーボンをリーダーにしたもの、次にフロロカーボンの3lbか2.5lbという順だろう。扱いやすさを最優先にするなら断然ナイロンラインに軍配があがる。ナイトゲームが主流なので、ライントラブルが発生しがちなPEラインやフロロカーボンは、やや慣れが必要になる。

この手のラインを使うときは、何投かに一回はルアーをフルキャストして指でテンションを掛けながらリトリーブしてくるとよい。軽いリグが多いので、スプールに巻かれるラインが不揃いになったり、ヨレてきたりするのがトラブルの主な原因なので、そこさえ注意しておけば問題は激減するはずだ。また、スプールに巻いておくラインの量もいつもより若干少なめにしておくとかなり効果がある。トラブルに悩まされることが多い人は、この辺に注意してみるとよいだろう。

>>まだまだ続きます、メバルゲーム編!>>