世界遺産/アジアの世界遺産

アンコール/カンボジア(5ページ目)

均整のとれた幾何学美が美しいアンコールワット、巨大な仏面に覆われたアンコールトム、ジャングルに隠されたタ・プロームなど、60以上もの遺跡から生る世界遺産「アンコール」。全体を眺めて美しく、精緻なレリーフや女神像など細部を見ても美しい……今回はあらゆる美を備えたカンボジアの遺跡群アンコールを紹介する。

長谷川 大

執筆者:長谷川 大

世界遺産ガイド

アンコールへの道

アンコール・トムの南大門。左は乳海攪拌で大蛇ヴァースキを引っ張る神々の像

アンコールトムの南大門。左は乳海攪拌で大蛇ヴァースキを引っ張る神々の像

■エアー&ツアー情報
アンコール観光の起点はカンボジアのシュムリアップ。日本から直行便はないので、ベトナムのハノイやホーチミン、タイのバンコク、中国の上海などを経由するのが一般的だ。格安航空券で5万円前後から、ツアーは4泊5日で7万円前後から。

プノンペン-シェムリアップ間は飛行機・バス・船、いずれでも行けるほか、陸路であればタイのバンコクやベトナムのホーチミン、ラオスのパクセーなどから訪ねることもできる。

■周辺の世界遺産
ニャック・ポアン

ナーガが島を取り囲む、ニャック・ポアン。ここで治水や雨を祈ったという

シェムリアップからは「アンコール」のほかに世界遺産「プレア・ヴィヘア寺院」を訪ねることができる。250kmほど車を走らせなければならないので、現地ツアーに参加するか、ゲストハウスなどで希望者を集めて車をチャーターする人が多い。

タイにストップオーバーするなら、バンコクから日帰りで行ける世界遺産「古都アユタヤ」や、北部の「古代都市スコータイと周辺の古代都市群」も見てみたい。クメールの影響を受けた遺跡だし、時代のつながりがわかって興味深く見学できるだろう。

余裕がある人はラオスのパクセに抜けてもおもしろい。バスで12時間前後だが(途中バスやミニバンの乗り換えあり)、パクセからはラオスの世界遺産「チャムパーサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群」が近い。クメールの源流といえる遺跡なので、つながりは濃厚だ。

 

アンコールのベストシーズン

ロリュオス遺跡群のバコン

ロリュオス遺跡群のバコン。ピラミッド型の美しいヒンドゥー遺跡で、右の寺院は後年建てられた仏教寺院。

シェムリアップの夏の平均最高気温は36度、同平均最低気温は25度。冬は31度と20度。一年を通じて日中は30度を超え、寒くても20度程度ということになる。もっとも暑いのが3~5月で、日差しは強烈だ。

雨季は5~11月で、最盛期が8~10月。一日に何度かスコールがくるような形で、しとしと雨が降り続くことはあまりない。とはいえ、足場が悪いとベンメリアなど近郊の遺跡に行きづらくなるのはたしかだ。

できれば雨季は避けたいが、たとえば豊かに水をたたえたトンレサップ湖から突き出す高床式の家並みは息を飲むほど美しいし、スコールは雲の下にカーテンのように見える雨を引き連れて迫ってくる。こんな光景を見るのも楽しい経験にはなるだろう。


 

世界遺産基本データ&リンク

背後に日の出を迎えたアンコール・ワット

背後に日の出を迎えたアンコールワット

こちらも世界遺産暫定リスト記載の「コーケー遺跡群」の7段ピラミッド、プラサット・トム

こちらも世界遺産暫定リスト記載の「コーケー遺跡群」の7段ピラミッド、プラサット・トム

【世界遺産基本データ】
登録名称:アンコール
Angkor
国名:カンボジア王国
登録年と登録基準:1992年、文化遺産(i)(ii)(iii)(iv)

アンコールは内戦と浸食による崩壊の危機から1992年に危機遺産リストに登録されたが、日本をはじめ世界中の援助とカンボジア国内の保護活動の高まりにより、2004年にリストから削除された。いまなお地雷の撤去や修復の努力は継続されており、新たな遺跡の発掘も行われている。

【関連記事&サイト】
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 3
  • 4
  • 5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます