生理痛改善の基本は、血行をよくして冷えをとる!

生理痛がつらいと仕事もはかどらない
外は暑くて屋内は冷房がキンキン。暑さと冷えでダウンしがちなサマーシーズン、生理痛まで重なったらもう夏バテ一直線ですよね。

生理痛の原因となるのは、、体を締め付ける補正下着やタバコ、冷え性による血行不良、高いヒールやミュールでの歩行も骨盤へダメージを与えます。

そこで今月は、女性なら誰もが経験する、生理痛を改善するヨガをご紹介!寝たまま簡単にできて、生理前後の不安定な気持ちも和らぎますよ。

寝たまま気軽に取り組める後屈のポーズ(ゆがみ矯正)

このポーズは、ルイ・ヴィトンが出したヨガマット付きバッグ、「ダヌーラ」の名前の由来になったポーズです。「ポーズは知らないけどバッグは持っている」という方、多いのでは?

【弓のポーズ(ゆがみ矯正編)】
 
(1)右手を前に出し、左手で左足首を持ちます。

*可能な人は、足首を曲げかかとを写真のように突き出します。無理な場合は、かかとを突き出さず、足首をしっかりと持ちましょう。

 
(2)<息を吸いながら>、左膝を後ろに伸ばすようにしながら、同時に上体を起こす。

視線は眉間を見て、右手は前方へしっかりと伸ばす。
(3)そのままの姿勢でゆっくりと5呼吸繰り返す。<息を吐きながら>(1)の姿勢へ戻り、左右入れ替えて同じように行う。

(4)左右終了後、やりにくい方をもう一度行いましょう。骨盤のゆがみが整います。

 
(5)終わったら、あお向けになり、両膝を曲げ両手で抱え込みリラックスします。