この輝きを、いつまでも保ちたい!

パイソンタッセル
この靴は1980年代に日本のREGAL(当時の名前は日本製靴)が、その持てる力を最大限発揮して製造した伝説のブランド”SHETLAND FOX”のタッセルスリッポンです。アッパーの素材はパイソン(ニシキヘビ)。博物館でなくてもこの輝き、いつまでも維持させたい!


前々回前回でコードヴァンの靴のケアについてお話しいたしました。色々と話はしましたが、革の状況や好みによってその方法を使い分けて下されば結構です。牛革のスムースレザーとは一味異なる経年変化と、ビジネス・カジュアル双方に応用できる芸達者ぶりは、何だかんだ言って魅力的です。

今回はこのコードヴァンとは全く対照的なアッパー、クロコダイル(ワニ)やリザード(トカゲ)などの爬虫類を中心とした「エキゾチックレザー」の靴のケアについて見てまいりましょう。真っ当なビジネススタイルには絶対不向き、カジュアルであっても昼間のみの着用が望ましいこれらの靴は、極めて高価な価格も含め「贅沢」そのもの。ゴージャスの一言に尽きるその輝きは、好き嫌いや実際に所有するかどうかはともかく、関心そのものは誰しもが一度は抱くのではないでしょうか?

2004~2005年前後にメンズシューズの素材としては稀に見る大ブームとなったため、それなりにポピュラーな存在にはなりましたが、ケアを誤ると一大特徴である光沢が全く無くなってしまう、注意を要する皮革でもあります。これらの靴をその頃入手された方で、履く場が見つからないのとケアの仕方が分からないのとで、靴箱の中に眠らせたままの方、読者の中にも結構多いのでは? そのような方だけでなく、この種の素材を用いた婦人靴がお好きな女性の読者の方も以下、ご一読いただければと思います。


次のページは、爬虫類の皮革の鞣し方の特徴を予習しておきましょう!