ライム

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/7/8/fruit01.jpg
この季節はフルーツのフレッシュな香りがGoo~!
Citrus aurantifolia
ミカン科の木本
果皮からエッセンシャルオイルを採る

スィーツやカクテルでおなじみのライム果汁。アロマでもときどき使われます。柑橘系でメジャーとはいえば、レモンやオレンジ。ですが、ライムもなかなか良い香りです。柑橘系の香りはとても人気があるので、レパートリーが増えるのは大歓迎ですよね。精油BOXに加えてみてください。

2種類あるライムの香り

大好き、シトラス系は
微妙に違う2つのアロマ
ライムはとげの多い木で、小さなはお花をつけます。果実はレモンより濃い緑の果皮が印象的。この皮から芳香成分が得られます。精油には、2種類あって、1つは「圧搾法」という方法でとられた香り。もうひとつは、「水蒸気蒸留法」でとられた香り。


  • 圧搾法のもの
    色が黄色がかってて、レモンの香りに似てます。光毒性がありますので、注意!
     
  • 水蒸気蒸留法のもの
    オイルに色がほとんどありません。香りは前者より、かなり刺激的。ライムの個性がいきてます。



いずれの精油がいいかは、好みです。香りの違いも、精油に親しんでる人じゃないと、すぐにはわからないかもしれません。たいていは、ひとつのメーカーでどちらか1種しか取り扱いがありません。ガイドは、水蒸気蒸留のほうが好きです。クセが少しある分、レモンなんかとの違いがハッキリしていいな、と思います。



ライムのアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/7/8/aromapot.jpg
レモンの効果に似てるライム
  • リフレッシュ効果

疲れたからだと心をリフレッシュさせます!梅雨時や、夏の高温多湿の不快感を一掃するパワーがライムにはあります。コロンの材料にもGood。

  • 夏バテ対策に

ライムの香りは、食欲不振を改善します。ハンカチなどに1滴落として香りを吸い込みましょう。

キャリアオイル15~20mlに1滴混ぜたものをお腹に塗りこむのいいでしょう。手でお腹をさすることで、ライムの成分が肌に浸透すると共に、お腹が温まり、すごく気持ちがいいものです。

  • 感染症の予防に

熱や炎症に良いとされるため、風邪の予防にライムは使えますよ。アロマライトやディフューザーでお部屋に香りを広げましょう。タイムやユーカリとのブレンドがおすすめ。



■ ガイドからひとこと提案
お風呂では、肌がチクチクすることがあります。お肌の弱い人にはアロマバスの使い方は、オススメしません。


■ 取り扱い注意
  • 光毒性があります。肌に塗った場合には、日光に当たらないようにしてください。ただし、これは圧搾法でとられた精油に限るとされます。不安な方は、買い求めたショップ(またはメーカー)にお問い合わせください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。