風邪のひきはじめに、豆乳かぼちゃがゆ

カテゴリー:ご飯おかゆ

 

風邪のひきはじめは、体を温めることが肝心

風邪をひきやすい季節です。風邪を予防するためには、普段から栄養バランスのとれた食生活を心がけ、外から帰ったら、手洗いうがいを慣行しましょう。風邪ぎみかな?と感じたら、体を温めてくれる料理を食べて、早めに休んで、“風邪ぎみ”のうちに、風邪ウィルスを撃退してしまいましょう。熱が出てきたら、水分を十分にとりましょう。固形物が食べられない時は、柔らかいお粥を食べるとか、野菜をくたくたに煮たスープや、果汁を飲めば、栄養と水分を一緒にとることができます。 今日は、たんぱく質を含む豆乳と卵、ビタミン類(特にビタミンA)を多く含む南瓜を、ご飯と一緒に煮た、簡単でおいしいお粥を紹介します。風邪のひきはじめや治りかけの時にお勧めしたい料理です。

豆乳かぼちゃがゆの材料(1~2人分

豆乳かぼちゃがゆの作り方
ご飯 茶わん1杯
かぼちゃ 100g
豆乳 200cc
1コ
100cc
ひとつまみ

豆乳かぼちゃがゆの作り方・手順

豆乳かぼちゃがゆの作り方

1:

冷やご飯を水で洗い、土鍋にいれる。

2:

豆乳、水、1.5cm角に切ったカボチャを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして、焦げ付かないように、時々かきまぜながらコトコト煮る。

3:

南瓜が柔らかくなり、全体的にとろりとなったら、塩を加え、溶き卵を流し入れ、蓋をして火を消し、2~3分蒸らせば出来上がり。

4:

豆乳のコクと、南瓜の自然の甘味と、とろとろお粥のほのかな塩味がマッチしていて、なんとも言えずおいしい!南瓜入り豆乳粥。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。