炊飯器で肉じゃが!簡単レシピ

カテゴリー:メインのおかず肉じゃが

 

炊飯器で簡単肉じゃが

今日は、「炊飯器で肉じゃがを作って欲しい」というご要望にお応えしたいと思います。釜に材料と調味料を入れてスイッチが切れるのを待つだけなので、お手軽です。が、 最初から味を決めなくてはならないので、入れる調味料の塩梅が重要になります。 それと、一般的な炊飯器は、煮汁が殆どなくなるまで炊き続けるので、いわゆる“つゆだく”の肉じゃがにしたい場合は、中を確認しながら、手でスイッチを切ってあげなくてはなりません。今回紹介する肉じゃがは、炊いてる途中で蓋を開けて確認したりはせず、 最後まで(自然にスイッチが切れるまで)炊き続けました。ふっくらほくほく炊けたじゃが芋の表面に甘辛い煮汁がからんでます。 じゃが芋はじゃが芋、にんじんはにんじんといった、素材の味が残ってます。ひと口ひと口、食べるたんびに違ったおいしさがたのしめる肉じゃがです。

炊飯器で肉じゃがの材料(5合炊き炊飯器用

お釜で肉じゃがの材料
じゃがいも 3個(490g)
牛肉 190g
たまねぎ 1個(210g)
にんじん 1本(100g)
こんにゃく 1/2枚
大さじ2
砂糖 大さじ2.5
大さじ3
醤油 大さじ3
だし 小さじ1/2(顆粒)
みりん 大さじ1

炊飯器で肉じゃがの作り方・手順

お釜で肉じゃがの作り方

1:

じゃが芋は皮をむき、大きさによって、1コを4つか6つに切り、水にくぐらせる。にんじんはじゃが芋より小さめの乱切り。こんにゃくはにんじんと同じ位の大きさに切るか手でちぎるかしてサッと下ゆでする。玉ねぎはくし形に切る。牛肉は5cm位に切り、酒大さじ1(分量外)をまぶしておく。

2:

野菜類と牛肉を炊飯器に入れ、釜を上下にゆすって混ぜ、みりん以外の調味料を入れる。

3:

普通に炊く。

4:

スイッチが切れたらみりんを回し入れて手早く混ぜ、すぐ蓋をして5分ほど蒸らす。 白米が32分で炊ける炊飯器で、54分でスイッチが切れました。一般的な炊飯器は、汁気がなくなるまで炊き続けます。蒸らすのは、釜の中の蒸気を肉じゃがに戻してあげてしっとり仕上げるためです。汁だくの肉じゃがにしたいなら、スイッチが切れる前に、蓋を開けて煮えてるのを確認し、早めにスイッチを切ります。

5:

器に盛り付ける。あれば、塩ゆでした絹さやグリンピースを散らす。 ふっくら炊けたじゃが芋の表面に、濃い味の煮汁がからまる、鍋で煮る肉じゃがとは、ひと味違った味わいです。じゃが芋はじゃが芋の、にんじんはにんじんの味が残ってます。冷めてもおいしく、汁気が出ないので、お弁当にも向きます。

6:

煮崩れしないので、どんなじゃが芋でもOK!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。