炒り豆腐べんとう

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかず炒り豆腐

 

炒り豆腐べんとう

みなさんもご存知だと思いますが、忙しい朝に作るお弁当は「どんぶり」ものが向いていますよね。それは、お弁当箱の隙間や品数を気にすることなく、ごはんの上にのせることができるとっても便利なスタイルだから。「カツ丼」や「親子丼」なんかも同じことがいえますでしょうか。今回は、ちょっとヘルシー系のどんぶり弁当をご紹介します。木綿豆腐やたっぷりの野菜を使います。豆腐は水切り不要で炒めながら水分を飛ばしていきます。また味付けは子供さんから男性まで人気の高い甘辛味噌味です。

●冷蔵庫にある残った野菜を使うと、冷蔵庫内がすっきりします。
●豆腐は水切りする必要がない分、しっかりと炒めて水分を飛ばします。
●ツナは、豚肉、鶏肉、白身魚に代えてもとっても美味しいですよ!
調理スタート
↓ ごはんをお弁当箱に詰める
↓ 野菜を切る  
5分
↓ フライパンで炒り豆腐をつくる
↓ 炒り豆腐をお弁当箱に詰める
完成

炒り豆腐べんとうの材料(2人分

炒り豆腐べんとうの材料
ご飯 どんぶり2杯分 
木綿豆腐 100g
ツナ 30g
にんじん 30g
ブロッコリー 20g
しめじ 30g
コーン水煮缶 20g
ねぎ 15g
炒り豆腐べんとう<調味料>の材料
砂糖 大さじ1/2
味噌 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
少々
1個分(溶き卵)
紅しょうが 適宜

炒り豆腐べんとうの作り方・手順

炒り豆腐べんとうの作り方

1:

にんじんは5mm角、ブロッコリーは小房に、しめじは長い場合は半分に切り、コーンは水切りし、長ネギは小口切りにする

2:

調味料の材料をすべて合わせておく

3:

フライパンにサラダ油(分量外)をひき熱して、1の材料と水切りをしないで大きくほぐした木綿豆腐、ツナを加えて中火で炒める

4:

水分がでなくなったら弱火にして、溶き卵、2の調味料を加えてサッと混ぜる

5:

お弁当箱にごはんを詰め、その上に炒り豆腐をのせて、端に紅生姜を添える
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。