なすトマ丼

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

なすトマ丼

子供の頃の一番の大好物が、なすとトマトをバターと醤油で炒め合わせた一品。そんな私の「おふくろの味」をひんやりと冷やしてご飯に載せたのが、今回ご紹介するなすトマ丼です。残暑に対抗する、涼しげな一品。たくさん作って冷蔵庫に常備しておくと便利ですよ。

なすトマ丼の材料(3~4人分

なすトマ丼の材料
なす 400g
トマト 500g
バター 20g
醤油 大さじ2
ご飯 適宜
バターの代わりにオリーブオイルを使用しても結構です。

なすトマ丼の作り方・手順

なすトマ丼の作り方

1:

なすは3~5mm幅程度の輪切りにし、切り口に塩を振ってしばらく置いてから水で洗い、アクを取ります。トマトは皮と種を取り、ざく切りにします。

2:

フライパンにバターを入れて火にかけ、バターが溶けたら、なすを投入します。

3:

弱火でなすをじっくり炒めます。最初なすがバターを一気に吸い込み、油が不足しているように感じますが、炒めているうちにナスから油脂分が出てきて、満遍なく炒めることができるはずです。
コクがある味がお好みなら、ナスがバターを吸いきったところで、バターや油をさらに追加しても結構です。

4:

トマトと醤油を加え、トマトが煮崩れるまでじっくり炒め煮にし、できあがり。

5:

これを冷やし(温かいままでも結構です。冷やすと色は悪くなります)、炊きたてのご飯の上に載せて食べます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。