殻付きホタテのイタリアングリル

所要時間:15分

カテゴリー:メインのおかずバーベキュー

 

殻のついたホタテをイタリアンでいただく

イタリア人も帆立貝は大好き! やはり土地柄、南イタリアでよく食べられます。こういった帆立貝は、日本でもお醤油、お酒…で定番の食べ方ですよね。
ここではイタリア風にトマトやケイパーを添えて、レモンをぎゅっとしぼって頂きます。温かいアンティパストのひとしなとして、おもてなしにいかがでしょうか?

ホタテのイタリアングリルの材料(2人分

ホタテのイタリアングリルの材料
ホタテ 2枚(殻付き)
ミニトマト 4個
ケイパー 小さじ1杯
白ワイン 大さじ2杯
適量
ニンニク 適量
エクストラバージンオリーブオイル 小さじ2杯
レモン 適量
イタリアンパセリ 適宜

ホタテのイタリアングリルの作り方・手順

ホタテのイタリアングリルの作り方

1:

帆立貝は殻から外して掃除し、食べやすいよう貝柱、肝、ヒモをほどく。ヒモは小さめに切り、肝は2つに切る。ミニトマトは4等分の櫛切りにする。

2:

魚の焼き網に殻付の帆立貝をのせ、まず塩をふる。1つのホタテに、にんにくスライス1枚、ケイパー小さじ1杯、ミニトマト、白ワイン大さじ1杯、オリーブオイル小さじ1杯をまわしかけ、中火にかける。

3:

まわりがぐつぐつし、火が通ってきたら火をとめ、皿に盛り、イタリアンパセリのみじん切りを散らし、レモンを添える。ちょっと濃いめの白ワインと相性抜群!

ガイドのワンポイントアドバイス

とても簡単なので、バーベキューメニューにも適しています。好みで揚げたパン粉を散らしても美味しくいただけます。コクが欲しい時、少しのバターを入れても美味しくいただけます。カリカリに焼いたバケットを添えるとおもてなし料理になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。