夏の暑さが一段落してくると気になってくるのがお肌の疲れ。エアコンや紫外線の影響による乾燥、くすみ、シミ、ソバカスなど、ボディも夏の疲れに悲鳴を上げています。

今回は夏のお疲れ肌解消法を紹介したいと思います。季節の変わり目でもあるこの時期、早めにダメージを回復しましょう。

夏お疲れ肌 「乾燥肌」解消法

一年中、潤い感あるモッチリ肌が◎

一年中、潤い感あるモッチリ肌が◎

エアコンが効いた室内と、うだるような暑さの屋外との温度差が原因で、肌の水分量が奪われ、乾燥しやすくなる傾向にあります。また、紫外線の刺激も乾燥肌を引き起こす恐れが!

紫外線を浴びると細胞の増殖スピードが速くなり、細胞が不完全なまま作られてしまいます。結果、水分保持力の弱い状態になってしまうと同時に、肌の弾力や張りを保つコラーゲン繊維やエラスチンも破壊されることに。

解消法としては、とにかく保湿重視のケアを行いましょう。まだ暑さも残るこの時季ですが、さっぱりタイプのボディクリームより潤い効果の高いものを選ぶ方がオススメです。

その他、以下の点にも注意して乾燥からボディを守りましょう。
・ 入浴時にはナイロンタオルで洗い過ぎない
・ 洗顔料はきちんと洗い流す
・ 熱すぎないぬるめのお湯で入浴する


夏のお疲れ肌 「くすみ・シミ・ソバカス」解消法

透明感ある肌は美しさが倍増!

透明感ある肌は美しさが倍増!

紫外線の影響で、肩やデコルテにはシミやソバカスが出来やすく、見落としがちな首の後ろはくすみが目立ちます。そんなボディのレスキューアイテムは、ボディ用の美白化粧品。

美白の有効成分であるビタミンC誘導体等が配合されている化粧品を選べば、シミ・ソバカスの原因であるメラニンの働きを抑制してくるのはもちろん、紫外線を浴びた肌をやさしくケアしてくれます。日焼けによるダメージは気づかぬうちに受けているもの! ボディにはボディ用の美白ケアで、透明感ある輝く肌に生まれ変わりましょう。

また、体の内側からの対策として、美白成分が入ったサプリメントを活用するのもいいでしょう。ビタミンCやコラーゲンを一緒に摂ることで、肌のくすみ解消やハリ感アップなど美肌にも役立ちます。

スペシャルケアとしては、顔用の美白化粧水などをコットンに浸し、肩やデコルテをパックするのもオススメです。

夏のお疲れ 「むくみ」解消法

夏の終わりはむくみも気になるところ。冷房で冷えたオフィスに1日中いるうえ、同じ体勢で長時間過ごすことで、どうしても脚はむくみがちです。

足首をグルグル回したり、立ったついでにかかとをアップダウンさせてふくらはぎを刺激するストレッチや、ふくらはぎの血流を下から上へと流すマッサージをこまめにするだけでも、老廃物が流れやすくなり、むくみ脚解消に効果的です。

また、自宅ではむくみ対策用のソックスを履くのも◎。その他、お風呂に浸かって脚全体を温め血流を良くした後に行うマッサージも効果的。特に、むくみが目立ちやすいふくらはぎを中心に、下から上へとほぐし&流すようにマッサージすれば、翌朝にむくみを持ち越さないスッキリ脚がよみがえるでしょう。

次ページでは、「夏のお疲れだるさ&体力低下解消法」を紹介します。