ハッシュドビーフ

カテゴリー:メインのおかずハッシュドビーフ

 

母から娘に伝えたい・ハッシュドビーフ

キッチンで、おしゃべりを楽しみながら、ベーコン、玉ねぎ、人参をじっくりと炒めてつくるブラウンソース。お料理の手順とおいしさを母から娘へと伝えていけることは、幸せなこと……。このようなことを思いうかべながら、静岡県・Tさまのレシピのもと作ってみました。ブラウンソースがお肉に絡まり、とても味わい深いハッシュドビーフができ上がりました。美味しいものが手軽に食べられるこの頃ですが、このような丁寧に時間をかけてつくるお料理とぬくもりを、ぜひ娘に伝えたいですね。

ハッシュドビーフの材料(4人分

ハッシュドビーフの材料
牛肉 300g(薄切り)
たまねぎ 1個と3/4個分(薄切り)
ニンニク 1片(薄切り)
バター 15g
赤ワイン 1/2カップ(100cc)
ナツメグ 小さじ1/4
クローブ 小さじ1/4
適量
こしょう 適量
砂糖 小さじ1(隠し味に)
ブラウンソース材料
ベーコン 1切れ(細切り)
たまねぎ 1/4個(みじん切り)
にんじん 1/4本(みじん切り)
ローリエ 月桂樹1枚
小麦粉 大さじ3
トマトジュース 500cc
タイム 小さじ1/4
レモン汁 1/2個分
トマトケチャップ 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
醤油 小さじ1
少々
こしょう 少々

ハッシュドビーフの作り方・手順

ハッシュドビーフの作り方

1:

まず、ブラウンソースから作ります。鍋を中火にかけ、細切りのベーコンを炒め、みじん切りした玉ねぎ、人参をしんなりするまでよく炒めます。

2:

次に月桂樹の葉、小麦粉も加えて弱火で、20分ほどじっくりと炒めます。

3:

茶色く色づいたら、タイムとトマトジュースを加えて弱火で30分ほど、焦さないように煮込みます。

4:

ざるでソースを漉します。レモン汁、トマトケチャップ、ウスターソース、醤油、塩、コショウで軽く味をととのえます。ブラウンソースはこれででき上がりです。

5:

薄切り牛肉に塩、コショウを振り、小麦粉(分量外)をまぶします。フライパンでバターを熱し、牛肉が色づく程度に炒めたら一度取り出します。

6:

同じフライパンで薄切りの玉ねぎ、ニンニクを炒め、牛肉をもどしたら赤ワインを入れます。

7:

蓋をして、しばらく蒸します。

8:

先に作っておいたブラウンソースを加え、香りづけにナツメグ、グローブを加えます。かくし味に砂糖を少々加えて、塩、コショウで味をととのえたら、でき上がりです。

9:

白いご飯にはもちろん、バターライスやパスタにかけてもおいしくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。