花を植える活動として、渋谷に定着したシブハナプロジェクト。平日の15時から18時まで参加できるボランティアを募集中です。渋谷で買い物した帰りにお子さんといかが? 詳細は次ページへ!

花を植える活動として、渋谷に定着したシブハナプロジェクト。平日の15時から18時まで参加できるボランティアを募集中です。渋谷で買い物した帰りにお子さんといかが? 詳細は次ページへ!

夏ボラに行こう!

“夏こそボランティア!”と毎年盛り上がるのが、各地で行われる夏のボランティア体験。通称夏ボラです。「ボランティアしてみたいけれど、なかなか機会がない」という方、あるいはボランティアに関心のある小学生とその親や、中学生、高校生ために、様々なボランティア体験プログラムが用意されています。

老人介護施設などでのお話し相手や、配膳やお茶出し、片付けなどの実際の活動もあれば、夏祭りのお手伝いといった1日だけの短期ボランティアもあります。たとえ、1日だけの参加でも、その経験は子どもの柔らかな心に目に見えない“何か”を残してくれるはず。

こういった活動は中学生や高校生以上が対象ですが、小学生や親子を対象にしたプログラムを組んでいるところもあります。たとえば、世田谷ボランティアセンター“ナツボラジュニア”2010 をのぞいてみると、お年寄りの施設おもちゃ図書館でのおもちゃの整理のように子どもでも参加できる活動や、車椅子アイマスク体験などの体験、音訳ボランティアのお試しなど、興味深い多彩な活動がずらり。時間があったらぜひお子さんと参加してみてはいかがでしょうか。

こういったプログラムは、その地域に住んでいる人もしくは、在学・在勤が参加条件になっていることもありますので、まずは、お近くのボランティアセンターに問い合わせて地元の夏ボラ情報をチェックしてみるといいですよ。

お絵かきしてボランティア

途上国の子どもに思いを寄せながら、絵を描く。長い夏休みならではの時間の過ごし方ですね

途上国の子どもに思いを寄せながら、絵を描く。長い夏休みならではの時間の過ごし方ですね

「夏は暑いから家でできる活動がいいな」という方におすすめなのが、おうちでできるボランティア、“うちボラ”です。

この夏のガイドのおすすめは、絵を描いて応募するだけで途上国の子どもの支援につながる日本製粉の「夏休み 子ども絵画コンクール」。日本国内の小学生を対象に「世界のみんなを招待しよう! わたしたちのまちの楽しい食卓」をテーマにした絵画を募集しています。優秀な作品には様々な賞が授与されるほか、応募1作品につき、100円が日本製粉から、日本ユニセフ協会へ寄付される社会貢献プログラムです。

夏休みの1日、途上国の現状や日本の“食”をお子さんと語り合いながら、描いてみてはいかがでしょうか。作品は9月15日まで受け付けています。詳細は日本製粉のサイトでご確認ください。

次ページはお子さんと一緒に1日だけ体験できるボランティア情報を集めました!